SabaayDii LAO Fromラオス、ビエンチャン

ラオスのビエンチャンからいろいろな情報を発信します!

ホテルの朝食 - ザ・ウェスティン グランデ スクンビット (เดอะ เวสทิน แกรนด์ สุขุมวิท กรุงเทพฯ)-(バンコク、タイ)

 

 

今回は、タイの首都バンコクで宿泊したホテルでの朝食だけにフォーカスしてご紹介します。以前にホテルレビューでご紹介の「ザ・ウェスティン グランデ スクンビット (เดอะ เวสทิน แกรนด์ สุขุมวิท กรุงเทพฯ)」の朝食会場です。

 

今回ご紹介するのは、

 

ホテルの朝食

- ザ・ウェスティン グランデ スクンビット (เดอะ เวสทิน แกรนด์ สุขุมวิท กรุงเทพฯ)-

バンコク、タイ)

 

です。

 

※コロナの影響でサービス内容がコロナ以前とは異なっている可能性もあります。また、コロナが終息しサービス内容がコロナ以前の内容に戻ることも想定できますので、ご利用の際にはご確認ください。 

 

場所は下記になります。

 

場所はバンコクの中心地、アソークエリアです。近くにはバンコクで最も安価なフードコートのひとつである「ターミナル21・ピア21フードコート(Terminal21・Pier 21 Food Court)」も入っている「ターミナル21」もあります。BTSアソーク駅にも至近で移動にも便利です。
 

 

まずは朝食会場の雰囲気です。

今回の「ザ・ウェスティン グランデ スクンビット (เดอะ เวสทิน แกรนด์ สุขุมวิท กรุงเทพฯ)」は、1階から5階ぐらいまでは、別の施設になっているので、ガーデンタイプではありません。朝食会場のある階は7階だったかと思うので、窓から市内の風景が見渡せます。
 


テーブルは少し密集した感じもありますが、スタッフが巡回し、常に清潔に保たれています。スタッフの数人は欧米人もいますので、タイ語が話せなくても、英語でのコミュニケーションも可能になっています。もちろん、タイ人スタッフも英語を話すことが可能です。

 


2泊していましたので、2日分の朝食です。

左の写真が1日目で、ヨーロッパ風です。卵料理がオムレツと温泉卵で重なってしまい、ちょっと卵の食べすぎかもしれません。

右側の写真が2日目でアジア風にしてみました。

 

タイでは温泉卵はそれほど珍しくありませんが、とはいえ、なかなか食べる機会もありません。最初はゆで卵かと思いましたが、欧米人スタッフが温泉卵というので食べてみました。
ちなみにタイ語でも温泉卵をあらわす単語がありますが、素直に「カイ・オンセン」(「カイ」は卵)というと通じます。
 

ドリンク類は基本的にスタッフにオーダーすると持ってきてくれます。自分で自由に取りに行けないのが不便にも感じなくはないですが、頼んで持ってきてもらうのも悪くありません。
 

こだわってそうな感じがしたのが、ハムやチーズ類です。
結構なスペースに専門スタッフがついて、対応していました。
 
デザート類も豊富です。
朝から満腹になってしまいます。

 

ということで、ホテルの朝食「ザ・ウェスティン グランデ スクンビット (เดอะ เวสทิน แกรนด์ สุขุมวิท กรุงเทพฯ)」でした。ホテル選びの参考になれば幸いです。
 
今回はAgodaから予約しました。以下から直接リンクしていますので、雰囲気を見ていただくことも可能です。

今回は、以上です。
 

 

今日のホテル:ホテルの朝食 ザ・ウェスティン グランデ スクンビット (เดอะ เวสทิน แกรนด์ สุขุมวิท กรุงเทพฯ)

場所:Sukhumvit Road,Bangkok, Thailand

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 

<ホテルレビュー>ザ・ウェスティン グランデ スクンビット (เดอะ เวสทิน แกรนด์ สุขุมวิท กรุงเทพฯ)(バンコク、タイ)

 

 

今回は、タイの首都バンコクで宿泊したホテルをご紹介します。このブログで紹介しているホテルは私が宿泊したことがあるホテルのみを紹介しています。

 

今回ご紹介するのは、

 

<ホテルレビュー>

ザ・ウェスティン グランデ スクンビット (เดอะ เวสทิน แกรนด์ สุขุมวิท กรุงเทพฯ)

(バンコク、タイ)

 

です。

 

※コロナの影響でサービス内容がコロナ以前とは異なっている可能性もあります。また、コロナが終息しサービス内容がコロナ以前の内容に戻ることも想定できますので、ご利用の際にはご確認ください。 

 

場所は下記になります。

 

場所はバンコクの中心地、アソークエリアです。近くにはバンコクで最も安価なフードコートのひとつである「ターミナル21・ピア21フードコート(Terminal21・Pier 21 Food Court)」も入っている「ターミナル21」もあります。BTSアソーク駅にも至近で移動にも便利です。
 

 

今回の「ザ・ウェスティン グランデ スクンビット (เดอะ เวสทิน แกรนด์ สุขุมวิท กรุงเทพฯ)は、その名の通り「ウェスティンホテル」になりますので、かなり豪華です。
入り口やレセプションからかなりの高級感を感じます。
ただ、このアソークエリア周辺にはさらに高級なホテルや新築ホテルが林立しています。築年数で言うと結構、経過している建物だからか、高級ホテルながら比較的安価に泊まれるホテルにもなっています。
特に私が宿泊したタイミングは、まだ数日の隔離が必要とされる時期でもあったため、ホテル側のキャンペーンも多数ありました。
 


エントランス周辺です。

このホテルのレセプションは1階ではありません。エレベーターで上がった先にあります。エレベーターなどはやはり、少し年季を感じてしまいます。

ただ、レセプション周辺はかなり豪華な感じがし、高級感を醸し出しています。

 

客室です。
窓が小さめだったり、天井が低めであったりするところは、建物の築年数によるところもあるのだと思います。それでも部屋の設備などは高級ホテルの雰囲気です。
 
部屋の設備はきれいにまとまっています。仕事ができそうな机やいすもあり、ビジネス需要にも応えられそうです。
 
シャワールームです。
バスタブもついています。バスタブは洗面スペースと隣り合っているので、バスタブを使うと、洗面やトイレ周辺が水浸しになってしまいます。
シャワーの水圧は非常に強いです。お湯の温度も高く、調節もしやすいのでこだわる方にもおすすめです。ただ、排水があまり良くなく、シャワールームの床に水が溜まってしまいます。
 


コーヒーメーカーなども設置されています。

本格的なものなので、部屋でゆっくりするときに楽しめそうです。

 

 

 

これは部屋からの風景ではありませんが、BTSアソーク駅も近いので、夜になれば周辺のビル街の夜景もなかなかのものです。向かいに「ターミナル21」があるので、買い物なども非常に便利です。
 

 

プールとフィットネスジムもあります。
普段、あまり運動しない人が、ホテルに滞在した時だけ運動するということはあまりないかもしれませんが、日常的に運動している人にとっては、こういうときにも使える設備があるのは良い点でしょう。
 
 
朝食も、もちろんあります。
レセプションと同じ階にあるレストランで取ることができます。
口コミなどでは、このホテルの朝食は非常に高評価になっています。料理の種類は標準的な気がしますが、一品ごとにこだわりを感じさせます。
 
タイ料理はもちろん、和食、洋食、中華、それぞれのメニューがあります。
ブッフェ形式ですので、好きな料理を楽しめます。
 
今回はAgodaから予約しました。以下から直接リンクしていますので、雰囲気を見ていただくことも可能です。

今回は、以上です。
 

 

今日のホテル:ザ・ウェスティン グランデ スクンビット (เดอะ เวสทิน แกรนด์ สุขุมวิท กรุงเทพฯ)

場所:Sukhumvit Road,Bangkok, Thailand

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 

ホテルの朝食- ミレニアム ヒルトン バンコク (โรงแรมมิลเลนเนียม ฮิลตัน กรุงเทพ)-(バンコク、タイ)

 

 

今回は、タイの首都バンコクで宿泊したホテルでの朝食だけにフォーカスしてご紹介します。以前にホテルレビューでご紹介の「ミレニアム ヒルトン バンコク (โรงแรมมิลเลนเนียม ฮิลตัน กรุงเทพ)」の1階朝食会場です。

 

今回ご紹介するのは、

 

ホテルの朝食

- ミレニアム ヒルトン バンコク (โรงแรมมิลเลนเนียม ฮิลตัน กรุงเทพ)-

(バンコク、タイ)

 

です。

 

※コロナの影響でサービス内容がコロナ以前、また来月10月以降とは異なっている可能性もあります。コロナが終息しサービス内容がコロナ以前の内容に戻ることも想定できますので、ご利用の際にはご確認ください。 

 

場所は下記になります。

 

場所はバンコクのチャオプラヤー川沿いです。近くには「アイコンサイアム」があり、また、バンコクの主要観光スポットである「ワットプラケオ」や「ワットアルン」などもボートなどを利用していくこともできる位置にあります。
 

 

朝食会場内の雰囲気です。

さすが高級ホテルだけあって清潔に、整然と準備がしてあります。
座席は屋内スペースとチャオプラヤー川に面したテラス席があります。テラス席は川を眺めながら朝食をいただけますが、東向きであるため、朝陽が直接当たります。朝から暑いバンコクですので、乾季の年末年始ごろを除き、屋内席にしておくのが無難かもしれません。
 

ちなみに、テラス席はこのような感じです。
まだ日が昇り切らない6時台などであれば、まだよいかもしれません。
 

食事はブッフェ形式です。
和洋中、それにタイ料理があります。
規模が大きいホテルであるため、お客さんも多く、料理が随時、追加されていきます。卵料理などはその場で料理してくれます。
 


料理の種類はとても多く、1回の朝食だけでは食べきれないでしょう。
日によって変わるメニューもあるのかもしれませんが、間違いなく、連泊しても飽きないですね。

 

 

とりあえず、取ってきました。

飲み物はブラックコーヒーとキャロットジュースです。

そして上から、スクランブルエッグ、タイ風雑炊、ポテトと煮込み野菜等々です。

 

 

そのあとは、サラダやフルーツなど・・・。

 

 

デザート類も豊富にあります。

フルーツ類だけでなく、ケーキもあります。カロリーも高そうなものが並んでいますので、朝から間違いなく食べすぎになりそうです。

 


ケーキ類は小さめにカットしてくれているので、何種類か食べられます。

また、右の写真は名前を忘れましたが、最近、流行っているようです。
 


最後にもう一度、屋外テラス席です。

日差しが強くなってくる9時台ごろから日除けを下してくれます。また、扇風機もまわっていますし、川からの風もあります。この席に座っている人の多くは西洋人ですね。

雰囲気はこちらの方が良いので、また泊まる機会があったら、早朝に来るのも試してみたいと思います。

 

「ミレニアム ヒルトン バンコク (โรงแรมมิลเลนเนียม ฮิลตัน กรุงเทพ)」の宿泊記事は前回記事にしていますが、下記からもお読みいただけます。
今回は、以上です。
 

 

今日のホテル:ホテルの朝食ミレニアム ヒルトン バンコク (โรงแรมมิลเลนเนียม ฮิลตัน กรุงเทพ)

場所:Charoen Nakhon Road, Bangkok, Thailand 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 

小規模店舗で展開する日系ファミレス - 和食さと/さと丼 - (バンコク・タイ)

 

 

しばらくの間、ラオスブログからタイブログとなっていますが、今回もタイのお話です。

タイの情報は多くの方々が発信しているので飽和気味かもしれませんが、話のネタもそれと同じくらい豊富なので、良さそうなところがあれば記事にしていきたいと思います。

今回はバンコクを中心にタイで展開している日系ファミレスについてです。

タイでは日本食はもうそれほど特別なものではない状況で、タイの人々にも広く受け入れられています。さらに、在住日本人も多い環境であるため、日系ファミレスチェーンなども進出しやすい環境になっています。

 

今回ご紹介するのは 

 

小規模店舗で展開する日系ファミレス

- 和食さと/さと丼  -

(バンコク・タイ)

 

です。   

 

場所は、下記になります。

 

場所は「メガバンナー」と呼ばれる大型商業施設内にあります。なお、かなりの店舗数を展開しているので、ここ以外にもたくさん店舗があります。

冒頭でバンコクと言っていましたが、実際の住所はバンコク都内ではなく、隣のサムットプラカーン県になります。ただ、行政区分が変わるだけで隣接するバンコク都と同じような雰囲気の街並みの中にあります。

 

バンコクの高架鉄道BTSの最寄り駅は「ウドムスック」駅になります。コロナの影響で運休していたメガバンナーの無料送迎バスも復活しているので、コロナ中に比べると行きやすくなりました。

 


お店はメガバンナーの2階にある「フードリパブリック」というフードコートの脇にあります。

支払いなどはフードコートのクーポン券で支払いとなりますが、座席はこのお店専用のスペースになっています。

 

 

メニューです。

70バーツ台のメニューからあり、高いメニューでも150バーツぐらいまでなので、安価な価格設定と言えるでしょう。海鮮系のメニューはこのお店では高い部類になりますが、親子丼などのお肉系メニューは手頃です。

 

 

親子丼を注文しました。

味噌汁もセットでついてきます。

価格も安めなので見た感じの豪華さはないですが、結構、味もしっかりしていてコストパフォーマンスは高い部類でしょう。

 

「和食さと」と「さと丼」がありますが、「さと丼」の方はデパートのフードコートの一画など、小規模なお店を構えていることが多いです。気軽に日本食が食べられるのでお勧めです。

 

ということで、タイに進出している日系ファミレスのご紹介でした。

 

今回は、以上です。

 

今日のお店:和食さと/さと丼 (バンコク・タイ)

場所: Samut Prakan Province, Thailand

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 c

バンコクでも使えるイオンラウンジ - イオンラウンジ・メガバンナー - (バンコク・タイ)

 

 

しばらくの間、ラオスブログからタイブログとなっていますが、今回もタイのお話です。

タイの情報は多くの方々が発信しているので飽和気味かもしれませんが、話のネタもそれと同じくらい豊富なので、良さそうなところがあれば記事にしていきたいと思います。

今回はバンコクにあるイオンラウンジについてです。

日本では全国にあるイオン関連ですが、タイでも銀行をはじめ、スーパーなどが展開されています。ちなみに、カンボジアのプノンペンなどにはイオンモールがあるようです。

日本ではコロナの影響で休止中のようなイオンラウンジですが、タイのバンコクでは、若干、規模縮小されていますが、利用可能です。

 

今回ご紹介するのは 

 

バンコクでも使えるイオンラウンジ

- イオンラウンジ・メガバンナー  -

(バンコク・タイ)

 

です。   

 

場所は、下記になります。

 

場所は「メガバンナー」と呼ばれる大型商業施設内にあります。

冒頭でバンコクと言っていましたが、実際の住所はバンコク都内ではなく、隣のサムットプラカーン県になります。ただ、行政区分が変わるだけで隣接するバンコク都と同じような雰囲気の街並みの中にあります。

 

バンコクの高架鉄道BTSの最寄り駅は「ウドムスック」駅になります。コロナの影響で運休していたメガバンナーの無料送迎バスも復活しているので、コロナ中に比べると行きやすくなりました。

 


メガバンナーは平日でもお客さんが多く、もうコロナ以前の様子と同じ感じです。

 

 

さて、イオンラウンジです。

ラウンジの大きさはそれほど大きくありません。2人~3人がけのテーブルが3セットある程度です。ただ、それでも満席で入れなかったことはありません。

 

なお、入場方法ですが、隣接するイオン銀行のスタッフにラウンジ利用の旨を伝えましょう。その際に

・イオンゴールドカード(日本で発行されたものもOK、タイ発行ももちろんOK)

・パスポート

の提示が求められます。

※イオンゴールドカード以外でも利用方法があるかと思いますが、他の方法はわかりません。

 

 

ラウンジに入ると、上の写真のような

・ペットボトル入りの水2本

・ジュースとお菓子の箱

を持ってきてくれます。

 

コロナ以前はコーヒーや紅茶も自由に飲めたのですが、現在(2022年9月時点)は休止中です。ただ、10月からタイでは指定の病気ではなくなるようなので、復活も近いかもしれません。

 

ということで、タイにあるイオンラウンジのご紹介でした。

 

今回は、以上です。

 

今日の生活:イオンラウンジ・メガバンナー  - (バンコク・タイ)

場所: Samut Prakan Province, Thailand

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 c

店名はタイ人経営っぽいラーメン店 - ラーメンです(ราเมงเดส) - (バンコク・タイ)

 

 

 

しばらくの間、ラオスブログからタイブログとなっていますが、今回もタイのお話です。

タイの情報は多くの方々が発信しているので飽和気味かもしれませんが、話のネタもそれと同じくらい豊富なので、良さそうなところがあれば記事にしていきたいと思います。

今回は、バンコク中心地からは少し離れたバンナーエリアにあるラーメン店のご紹介です。

 

今回ご紹介するのは 

 

店名はタイ人経営っぽいラーメン店

- ラーメンです(ราเมงเดส) -

(バンコク・タイ)

 

です。   

 

場所は、下記になります。

 

場所はバンコクの中心地から南東方向にあるバンナーエリアです。近くには「セントラルバンナー」というデパートもあり、主にタイ人を中心に賑わっているエリアです。

 

 

お店の外観です。

建物の外観は新しくきれいです。

入り口のところには店名の「ラーメンです」の「です」が大きくデザインされた看板があります。この店名なので、タイ人経営のような感じがしましたが、実際は日本人経営のお店だそうです。

 

 

メニューです。

100バーツ後半から200バーツ程度のメニューが並びます。日本スタイルのラーメン店としては標準的な価格帯といったところでしょうか。一般的なタイ料理に比べると2倍から3倍程度の価格ですが、立地的なところもあり、お客さんの多くはタイの人のようです。

 


さて、ラーメンですが、今回は同行者もいたので2種類です。

塩ラーメンと豚骨ラーメンです。

価格はどちらも200バーツ以下で、ボリュームは少なめに感じるかもしれませんが、味は申し分ありません。バンコクでは日本と変わらない味のラーメンがあちこちで食べられるため、だんだん、舌が肥えてきてしまいます。

 


店内はカウンター席数席と、4人掛け程度のテーブル席が6卓ほどあります。

調味料類はテーブルにはあまり置かれていません。もしかしたら、コロナのこともあり、おいていないだけかもしれません。ただ、元の味付けも良いので、特に必要ではないかもしれません。

 

バンコクの中心地であるスクンビット通り沿いには、日本人経営のラーメン店もかなりたくさんありますが、中心地を外れると、その数は減ってきます。スクンビット通り界隈まで行かなくても日本のラーメンが食べられるのはありがたい限りです。

 

ということで、日本のラーメン店のご紹介でした。

 

今回は、以上です。

 

今日のお店: ラーメンです(ราเมงเดส) - (バンコク・タイ)

場所: Bang Na-Trat 23, Bang Na, Bangkok, Thailand

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 c

バンコク古参デパートのフードコート - セントラルバンナー・フードパティオ(Central Bangna・Food Patio) - (バンコク・タイ)

 

 

しばらくの間、ラオスブログからタイブログとなっていますが、今回もタイのお話です。

タイの情報は多くの方々が発信しているので飽和気味かもしれませんが、話のネタもそれと同じくらい豊富なので、良さそうなところがあれば記事にしていきたいと思います。

今回は、ぎりぎりバンコク都心と言えそうな場所にあり、タイ在住者にはそれなりに有名なデパート「セントラルバンナー」内にあるフードコートです。ラオスでもフードコートはありますが、それほど多くありません。タイではあちこちにあるデパート内には必ずあり、安価に食事をとることができるようになっています。

 

今回ご紹介するのは 

 

バンコク古参デパートのフードコート

- セントラルバンナー・フードパティオ(Central Bangna・Food Patio) -

(バンコク・タイ)

 

です。   

 

場所は、下記になります。

 

場所はバンコク中心地から南東方向のバンナーエリアで、「セントラルバンナー」というデパート内にあります。

 

 

フードコートはセントラルバンナーの地下1階にあり、食事時以外にも一定のお客さんがいる人気のフードコートです。

お昼や夕方の食事時間帯は混雑しますが、回転も速いので、少し待てば席は空くでしょう。

 

 

お店の数は20店舗ぐらいでしょうか。

料理の種類は基本的にタイ料理が多いですが、日本料理のお店も何軒かあります。。

 

 

今回は、ガパオムーサップ、日本ではガパオライスと呼ばれる料理を注文しました。タイおよびラオスでは、最もポピュラーな料理と言っても過言ではないぐらい、どこでも食べられる料理です。ただ、お店によって味付けが異なるので、お好みのお店を探すことも楽しめる料理になっています。また、タイとラオスでも味付けは異なるので、訪れた先々で食べ比べしてみるのも良いかもしれません。

 

今回は、「ムーサップ(豚のひき肉)」ですが、「ガイ(鶏)」や「ヌア(牛肉)」などにアレンジすることも可能です。

目玉焼きは別料金になることがほとんどですが、トッピングすることをお勧めします。

 

価格は(少し記憶が曖昧ですが)65バーツで食べられます。

他のフードコートに比べると少し高めですが、味も良いのでお勧めです。

 


今回、注文したお店ですが、デリバリーでの注文もあるようでgrabのライダーが受け取りに来ていました。

メニューも豊富なので、他の料理も試してみたいと思います。

 

 

フードコート内はこぎれいになっています。

食器を片付けるスタッフも多く、清掃も行き届いているので快適です。

 

 

最後にフードコート内でのお金の使い方ですが、一般的なフードコート同様、カウンターでカード式のクーポンを購入する形です。

カウンターでお金(一人なら100バーツ程度)を出せば、その分がチャージされたカードを渡してくれます。カードの有効期間は1ヶ月あるので、頻繁に来る人なら、残額の払い戻しをしなくても大丈夫です。また、払い戻しを忘れた場合も、翌日以降での払い戻しが可能です。

 

今回は、以上です。

 

今日のお店:セントラルバンナー・フードパティオ(Central Bangna・Food Patio)

場所: B1 Level Central Plaza, Bang Na, BangNaTrat road, Bangkok, Thailand

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 c

privacy policy プライバシーポリシー お問い合わせ