SabaayDii LAO Fromラオス、ビエンチャン

ラオスのビエンチャンからいろいろな情報を発信します!

メークローン鉄道市場と水上マーケット番外編(サムットソンクラーム) - ダムヌンサドゥアック水上マーケット - (ラチャブリー・タイ)

 

 

しばらくの間、「メークローン鉄道市場と水上マーケット(サムットソンクラーム)」ということで、2017年の旅行記をアップしていましたが、前回で終了しました。今回は、その近所にあるもうひとつの水上マーケットについてです。

こちらは、2019年に訪れています。

 

メークローン鉄道市場と水上マーケット番外編

(サムットソンクラーム)

- ダムヌンサドゥアック水上マーケット -

(サムットソンクラーム・タイ)

 

です。   

 

場所は下記になります。

 

場所は、メークローン鉄道市場から北に15㎞ほど行ったあたりにあります。少し距離があるので、交通手段の確保が必要です。往復でチャーターした方が良いかもしれません。行政区もメークローン鉄道市場があるサムットソンクラーム県からラチャブリー県になります。

 

 

ここの水上マーケットは、以前の「アンパワー水上マーケット」などに比べると観光色の強い水上マーケットになります。そう聞くとマイナスイメージかもしれませんが、英語が通じたり、観光客向けの体制が整っていたりと、良い面もあります。なにより、観光に来たという感じをしっかり味わえるのが良いところでしょう。

 

もし、複数人で来ているなら、船をチャーターしてみるのもよいでしょう。1艘、1時間500~700バーツ程度で借りられた気がします。2時間、3時間チャーターすればディスカウントもしてくれるでしょう。ゆっくり回るなら2時間は必要になります。

 

 

舟の出発地点は、水上マーケット周辺に何ヶ所かあります。

出発地点あたりは、他の船も少なく、のんびりした感じです。

 

 

水上マーケット内に入ってくると、船の渋滞が起こっています。観光客が乗る船もあれば、船上で販売する人の船もあるので、かなりの数の船が行き交います。

たまにぶつかることもありますが、それほどスピードもでていないのと、ぶつかることも想定しているので、特に問題ありません。

 

 

舟で販売しているものを買いたくなったら、手を挙げて合図しましょう。乗っている船と、販売している船をくっつけてやり取りしやすくしてくれます。

この船は、糯米マンゴーの「カオニャオマムアン」を売っていますね。看板の文字は中国語、英語、タイ語で書かれています。

 

 

そのほかにも、ココナッツアイスや「サテー」という焼き鳥のようなものも売っています。

ただ、船自体はそれほど広くなく、揺れもあるので、食事はつまむ程度が良いでしょう。

 

 

川岸にはテーブルなどが置かれ、船で販売するものを食べるスペースもあります。

 

ということで、「ダムヌンサドゥアック水上マーケット」の様子でした。

今回、写真がありあせんでしたが、お土産なども売られています。ここの水上マーケットでは、しっかり観光客をするのが楽しめる秘訣だと思います。

 

今回は、以上です。

 

メークローン鉄道市場と水上マーケット番外編(サムットソンクラーム):ダムヌンサドゥアック水上マーケット - (ラチャブリー・タイ)

場所: Damnoen Saduak, Ratchaburi, Thailand

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 c

メークローン鉄道市場と水上マーケット⑥(サムットソンクラーム) - バンコクへの帰路 - (サムットソンクラーム・タイ)

 

 

前回に引き続き、しばらくの間、数年前の旅行記になります。

 

今回はバンコクの西に位置する「サムットソンクラーム県」に向かいます。「サムットソンクラーム県」と聞いてもピンとこない方も多いかもしれませんが、ここには有名な「メークローン鉄道市場」があります。市場の中を列車が進んでいく、というか線路の上に市場を作ったところで、タイで最も有名な観光スポットのひとつです。

合わせて、近くにある水上マーケットにも行ってみます。

※この旅行記の内容は、2017年のものとなります。

 

今回は、「メークローン鉄道市場」も「アンパワー水上マーケット」も見終わったので、バンコクへ戻ります。

 

メークローン鉄道市場と水上マーケット⑥

(サムットソンクラーム)

- バンコクへの帰路 -

(サムットソンクラーム・タイ)

 

です。   

 

下記のバーンレーム駅を経由して帰ります。場所は下記になります。

 

場所は、バンコク都心とメークローン駅の中間あたりにあります。上の地図の通り、川に囲まれていますが、橋は架かっておらず渡し船で渡ることになります。また、線路も途切れているので、直通運転はできません。数分の船旅になります。

 


メークローン市場を列車が通り抜けるところも見ることができたので、帰り支度を始めます。泊まっていた宿には簡単な朝食がついているので、チェックアウト前にいただいていきます。10時ぐらいまでは食べることができます。

パンとコーヒー、フルーツぐらいですが、あるのとないのとでは結構、違います。

 

 

ホテルを出ると、向かいのお寺にたくさんの人が出入りしていました。せっかくなので見ていきます。

ちょうど日曜日だったというのもあるのかもしれませんが、多くの家族連れでした。休みの日に家族でお寺に行くのはタイらしいですね。写真には曜日毎の仏様が並んでいます。

 

 

それでは、バンコクへ戻ります。

帰りもタイ国鉄です。

なお、もう列車には飽きた、という方には、バス(ロットゥー)で帰るという方法もあります。「方法もあります」というか、そちらの方が早く帰ることができます。距離にすると約70㎞ほどなので、1時間半ぐらいで都心まで行くことができるでしょう(ただ、渋滞する時間帯だとその倍かかる可能性もあります)。

 

 

私は列車で戻ります。

バーンレーム駅まで来ました。

往路はこの駅での接続が良すぎて、駆け込み乗車のような感じでした。そのため、駅の様子もほぼ見れずじまいでした。

 

 

とはいっても、それほど見るべき場所もありません。

ただただ、のどかな田舎駅です。反対側の「メークローン駅」は観光客でごった返していることを思うと、ほとんどの観光客は車で移動しているということなのでしょう。

 

 

バーンレーム駅から接続する「マハーチャイ駅」までは川を渡る必要があります。船着場までは徒歩数分です。住宅地の中を進むので迷わないようにしましょう。

バーンレーム駅付近は橋が架かっていないため、この渡し船も頻繁に往復しています。

 

 

対岸に渡るだけなので乗船時間は数分です。

料金は当時(2017年)は2バーツ程度だったと思いますが、今は、多少上がっているのでしょう。

 

以上で「メークローン鉄道市場と水上マーケット⑥(サムットソンクラーム)」は終了です。

メークローン鉄道市場は日本でタイを紹介するテレビ番組などでは、しょっちゅう紹介されるところですので、訪れたことがある人も多いと思います。2度、3度見ても、飽きない光景でもあるので、改めて行ってみようかという気もしています。

 

次回、この旅行記の番外編でメークローン鉄道市場近くにある「ダムヌンサドゥアック水上マーケット」をご紹介します。

 

今回は、以上です。

 

メークローン鉄道市場と水上マーケット⑥(サムットソンクラーム):バンコクへの帰路 - (サムットソンクラーム・タイ)

場所: Samut Songkhram, Thailand

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 c

メークローン鉄道市場と水上マーケット⑤(サムットソンクラーム) - 市場の中を列車が通るメークローン鉄道市場 - (サムットソンクラーム・タイ)

 

 

前回に引き続き、しばらくの間、数年前の旅行記になります。

 

今回はバンコクの西に位置する「サムットソンクラーム県」に向かいます。「サムットソンクラーム県」と聞いてもピンとこない方も多いかもしれませんが、ここには有名な「メークローン鉄道市場」があります。市場の中を列車が進んでいく、というか線路の上に市場を作ったところで、タイで最も有名な観光スポットのひとつです。

合わせて、近くにある水上マーケットにも行ってみます。

※この旅行記の内容は、2017年のものとなります。

 

今回は、この旅のクライマックス「メークローン鉄道市場」で列車が通るところを見に行きます。

 

メークローン鉄道市場と水上マーケット⑤

(サムットソンクラーム)

-  市場の中を列車が通るメークローン鉄道市場 -

(サムットソンクラーム・タイ)

 

です。   

 

メークローン鉄道市場の場所は下記になります。

 

場所は、メークローン駅から道路を挟んだ東側にあります。駅を出てすぐのところから数百メートルの長さで線路沿いに続いています。

 


メークローン駅に来ました。

私の後ろにメークローン市場があります。すでに観光客の人も多いですね。

メークローン駅の始発電車は朝の6時台にありますが、朝が早いので、2番目の8時30頃にメークローン駅に到着する列車を狙います。これを見た後、さらに9時ごろにメークローン駅を出発する列車があるので、合計2回見る予定です。

 


左の写真は市場が通常営業している状態です。人が歩いている場所は線路の上ですが、こう見るとおしゃれな石畳の上を歩いているようにも見えます。

右の写真は、まもなく列車が来るという状況です。日よけのテントも列車の運行の妨げにならないよう、引き上げられました。

 

 

列車が近づいてきました。

警笛を鳴らしながら進んできます。ただ、かなりゆっくりなので、なかなか来ません。この状態なので当然と言えば当然です。

 

市場の中を列車が進んでいく感じになっていますが、本来は線路のそばに市場を作ったという方が正しいのでしょう。今となっては観光名所ですが、当初、これを黙認したタイ国鉄もすごいですね。

 

動画もあるので、こちらもご覧ください。列車の警笛音が大きいのでご注意ください。

 

youtu.be

 

 


列車が通りすぎると、すぐに市場は営業再開です。
約10秒ほどで元の状態に戻ります。

 

置いてある商品は、高さがあるものは、テーブルごと線路脇に移動できるよう、車輪やレールがつけられ、地面に置いてある商品は、ぎりぎり列車にぶつからない高さで積まれています。

 

ということで、今回の旅のハイライト「メークローン鉄道市場」でした。

 

今回はここまでです。

この後は、ホテルに戻って朝食を食べて、バンコクに戻る準備をします。

 

今回は、以上です。

 

メークローン鉄道市場と水上マーケット⑤(サムットソンクラーム):市場の中を列車が通るメークローン鉄道市場 - (サムットソンクラーム・タイ)

場所: Samut Songkhram, Thailand

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 c

メークローン鉄道市場と水上マーケット④(サムットソンクラーム) - メークローン市場周辺の屋台 - (サムットソンクラーム・タイ)

 

 

前回に引き続き、しばらくの間、数年前の旅行記になります。

 

今回はバンコクの西に位置する「サムットソンクラーム県」に向かいます。「サムットソンクラーム県」と聞いてもピンとこない方も多いかもしれませんが、ここには有名な「メークローン鉄道市場」があります。市場の中を列車が進んでいく、というか線路の上に市場を作ったところで、タイで最も有名な観光スポットのひとつです。

合わせて、近くにある水上マーケットにも行ってみます。

※この旅行記の内容は、2017年のものとなります。

 

今回は、「アンパワー水上マーケット」を楽しんだ後、宿の近くの屋台で夜食です。

 

メークローン鉄道市場と水上マーケット④

(サムットソンクラーム)

-  メークローン市場周辺の屋台 -

(サムットソンクラーム・タイ)

 

です。   

 

屋台のあるエリアは、今晩の宿「ホームステイホーム」の近くです。

場所は下記になります。

 

場所は、メークローン鉄道市場の北側数百メートルのところにあります。

近くに屋台街やコンビニなどもあり、便利な立地です。

 


メークローン市場の近くに戻ってきました。

駅には、多分、明日の朝に出発すると思われる車両が留置されています。日本と違い、車両や線路が間近で見られるのがいいですね。

日中は観光客や市場に買い物をしに来た人で、かなりの賑わいですが、この時間帯になると、鉄道の運行も終わり、市場も閉まってひっそりとしています。この時間帯は、観光の人は水上マーケットに行くのでしょう。

 

 

写真の画質が悪いですが、屋台街に来ました。

メークローン駅の北側、数百メートルのところで、今夜の宿「ホームステイホーム」の向かい側にあります。

10数軒の屋台が道の両側に出ています。

 

 

屋台の種類は豊富で、ドリンクやデザート系の屋台はもちろん、麺料理や炒め物など、調理をする屋台も出ています。

 

 

今回は、夜食の、そしてタイの屋台の定番、ラーメンにしました。

麺は中華麺でスープは醤油味です。チャーシューもたくさん乗っており、野菜もあって具沢山です。

 

 

屋台の裏手にテーブルが置かれて、飲食ができるようになっていますが、地元の人、観光の人で満員になっています。なかなか人気の屋台街のようです。

 

 

お腹もいっぱいになったので、これで宿に戻ります。

バンコクを昼頃出発し、鉄道に乗車し、車内からメークローン市場を見ることができました。さらに、水上マーケットも行くことができましたので、半日でしたが、かなり密度の濃い内容になりました。

 

今回はここまでです。

明日は、メークローン鉄道市場を見に行きます。

 

 

今回は、以上です。

 

メークローン鉄道市場と水上マーケット④(サムットソンクラーム):メークローン市場周辺の屋台 - (サムットソンクラーム・タイ)

場所: Samut Songkhram, Thailand

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 c

メークローン鉄道市場と水上マーケット③(サムットソンクラーム) - アンパワー水上マーケットへ - (サムットソンクラーム・タイ)

 

 

前回に引き続き、しばらくの間、数年前の旅行記になります。

 

今回はバンコクの西に位置する「サムットソンクラーム県」に向かいます。「サムットソンクラーム県」と聞いてもピンとこない方も多いかもしれませんが、ここには有名な「メークローン鉄道市場」があります。市場の中を列車が進んでいく、というか線路の上に市場を作ったところで、タイで最も有名な観光スポットのひとつです。

合わせて、近くにある水上マーケットにも行ってみます。

※この旅行記の内容は、2017年のものとなります。

 

今回は、もうひとつの旅の目的地、「アンパワー水上マーケット」へ向かいます。

 

メークローン鉄道市場と水上マーケット③

(サムットソンクラーム)

-  アンパワー水上マーケットへ -

(サムットソンクラーム・タイ)

 

です。   

 

アンパワー水上マーケットの場所は下記になります。

 

場所は、メークローン鉄道市場から北西方向に7㎞程度のところにあります。

 

 

このエリアにはいくつか水上マーケットがありますが、最も有名なのは「ダムヌンサドゥアック水上マーケット」でしょう。今回はそこではなく、訪れたのは「アンパワー水上マーケット」になります。

「ダムヌンサドゥアック水上マーケット」はどちらかというと外国人観光客が多く、「アンパワー水上マーケット」の方はタイの人々が中心の水上マーケットになっています。

今回は、バイクタクシーで移動しましたが、「アンパワー水上マーケット」の方が近いということもあり、そちらを選択しました。

 

 

訪問したのは夕方17時過ぎでしたが、すでにお客さんも多く盛況です。

川の両側にお店があるほか、船で商品や料理を売っているのもあります。

 

 

少しお腹が空いていたので、とりあえず何か食べることにします。

水上マーケットで有名なのは「クイッティアオ・ルア」です。「クイッティアオ」はタイ風のラーメンのような麺料理ですが、船の意味である「ルア」がついたメニューです。小盛で10バーツ程度なので、ちょっと食べるには最適です。

 

 

夜の6時を過ぎると、どこのお店も満席に近くなってきました。

ここでのアクティビティは、川べりで夕食を食べるのと、船に乗って蛍を見に行くことです。

 

 

海も近いサムットソンクラーム県なので、シーフードメニューにしてみました。エビのウンセン(春雨)と焼きホタテです。

 

 

食事後は舟に乗りましょう。

一艘、チャーターすることもできますが、少人数なら乗り合いのものもあるので、人数に合わせて選びましょう。一人か二人なら、乗り合いがお勧めです。

だいたい1時間ぐらい、周辺の蛍スポットをまわってくれます。

 


夜は比較的、遅くまで営業しています。

ただ、帰りの交通機関は遅くなるにしたがって減っていきますので、適当な時間に切り上げましょう。

水上マーケットを出て、大通りまで行くと、トゥクトゥクやバイクタクシーが待機しているので、それらを利用して帰ります。

 

 

ということで、「アンパワー水上マーケット」でした。

 

今回はここまでです。

次回、宿の近くの夜の様子等です。

 

今回は、以上です。

 

メークローン鉄道市場と水上マーケット③(サムットソンクラーム):アンパワー水上マーケットへ - (サムットソンクラーム・タイ)

場所: Samut Songkhram, Thailand

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 c

メークローン鉄道市場と水上マーケット②(サムットソンクラーム) - 宿泊先「ホームステイホーム」にチェックイン - (サムットソンクラーム・タイ)

 

 

前回に引き続き、しばらくの間、数年前の旅行記になります。

 

今回はバンコクの西に位置する「サムットソンクラーム県」に向かいます。「サムットソンクラーム県」と聞いてもピンとこない方も多いかもしれませんが、ここには有名な「メークローン鉄道市場」があります。市場の中を列車が進んでいく、というか線路の上に市場を作ったところで、タイで最も有名な観光スポットのひとつです。

合わせて、近くにある水上マーケットにも行ってみます。

※この旅行記の内容は、2017年のものとなります。

 

今回は、タイ国鉄メークローン線でメークローンに到着し、今夜の滞在先のホステルにチェックインします。

 

メークローン鉄道市場と水上マーケット②

(サムットソンクラーム)

-  宿泊先「ホームステイホーム」にチェックイン -

(サムットソンクラーム・タイ)

 

です。   

 

今晩の宿「ホームステイホーム」の場所は下記になります。

 

場所は、メークローン鉄道市場の北側数百メートルのところにあります。

近くに屋台街やコンビニなどもあり、便利な立地です。

 

 

メークローン駅に到着しました。

観光地にもなっている「メークローン鉄道市場」は駅の東側、駅の手前の線路上にあります。駅自体にも露店がたくさん出ており、1日4往復しか列車の運行がない駅には見えません。

 

 

駅と市場の間を通っている道から、駅側を見た写真です。

奥に列車がいますね。

 

 

市場の中に入ってみました。

少し見づらいかもしれませんが、人が歩いている所の足元には線路、枕木などがあります。線路のすぐそばに野菜などを並べて販売しています。

 

 

なお、この「メークローン鉄道市場」ですが、観光客向けというよりは、地元の人向けの本格的な市場です。観光客はほぼ買わないであろう生鮮品が多く扱われています。

 

 

メークローン駅を出発する列車を見てから今夜の宿にチェックインしようかと思っていましたが、待ち時間も長かったので、市場を通る列車を見るのは明日の朝にすることにしました。

 

今夜の宿「ホームステイホーム」にチェックインします。

 

 

この「ホームステイホーム」は基本的に相部屋のドミトリーですが、数部屋だけプライベートルームもあります。プライベートルームもかなり狭いですが、価格も非常に安く、千数百円で宿泊することができます。

部屋は、ベッドとエアコンがあるぐらいでベッドのスペースが大半を占めています。

 

 

部屋は狭いですが、ホステルらしく、今日スペースは充実しています。

ホステル内でゆっくりしたい場合は、ここでくつろぐことができますね。

 

 

ホステルの1階はカフェにもなっており、朝食もここで取ることができます。バナナやパンなどは、宿泊客には無料で提供されます。

 

今回はここまでです。

次回、この近くにある水上マーケットに行ってみたいと思います。

 

今回は、以上です。

 

メークローン鉄道市場と水上マーケット②(サムットソンクラーム):宿泊先「ホームステイホーム」にチェックイン - (サムットソンクラーム・タイ)

場所: Samut Songkhram, Thailand

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 c

メークローン鉄道市場と水上マーケット①(サムットソンクラーム) - バンコクを出発 - (バンコク・タイ)

 

 

今回からしばらくの間、数年前の旅行記になります。

もうしばらくの間、このような感じで過去の旅行記が続きます。

 

今回はバンコクの西に位置する「サムットソンクラーム県」に向かいます。「サムットソンクラーム県」と聞いてもピンとこない方も多いかもしれませんが、ここには有名な「メークローン鉄道市場」があります。市場の中を列車が進んでいく、というか線路の上に市場を作ったところで、タイで最も有名な観光スポットのひとつです。

合わせて、近くにある水上マーケットにも行ってみます。

※この旅行記の内容は、2017年のものとなります。

 

では、今回は、バンコクから、サムットソンクラーム県を目指します。

 

メークローン鉄道市場と水上マーケット①

(サムットソンクラーム)

-  バンコクを出発 -

(バンコク・タイ)

 

です。   

 

サムットソンクラーム県の場所は下記になります。

 

場所は、バンコクから西に50~60㎞ほど行ったあたりになります。バンコクから南部地域へは、道路で移動する場合、最短距離のルートになるので、この「サムットソンクラーム県」を経由する車やバス、トラックも多くなります。

 

 

旅の出発地点は、バンコクのチャオプラヤー川西岸にあるウォンウィアンヤイ駅(Wongwian Yai、วงเวียนใหญ่)です。バンコクにはタイ国鉄の主要ターミナル駅がいくつかありますが、その中では最も小さいターミナル駅でしょう。ホームも単線で、路線もここから西の「マハーチャイ駅」へ向かう線しかありません。

 

なお、タイ国鉄のウォンウィアンヤイ駅とBTSの「ウォンウィアンヤイ駅」は約1㎞ほど離れています。比較的大きな道路を歩いて行けば到着するので、道に迷うことは少ないかもしれませんが、タクシーを利用するのもよいかもしれません。

 

 

「ウォンウィアンヤイ駅」のホームと列車の車内です。

かなり古い車両で運行されており、エアコンもありません。3等車と呼ばれる自由席車両のみが連結されています。運行本数は1時間に1本程度ですが、それなりに乗客があり、公共交通機関としての役割もしっかり担っています。なお、この時(2017年)はタイ国民は無料だったかもしれません(外国人は有料で10バーツでした)。

 


出発するとしばらくの間は住宅地の家をかすめるように走っていきます。が、それもすぐ終わり、のどかな自然の中を走るようになります。バンコクの東側、サムットプラカーン県の方は開発が進んでいますが、西側はまだ、それほど都市化が進んでいないのかもしれません。

 

ウォンウィアンヤイ駅を出発して約1時間でマハーチャイ駅に到着します。

マハーチャイ駅から先、まだ列車に乗る必要がありますが、途中に川があり、線路はつながっていません。渡し船に乗って、「バーンレーム駅」へ向かいます。

 

 

バーンレーム駅からメークローン駅までは本数がかなり少なくなります。2017年時点では1日4往復でした。今回は13時30分発のメークローン行きに乗車することができました。

ここからメークローンまでも、所要約1時間です。

 


約1時間で終点の「メークローン駅」付近まで来ました。
もうすぐ市場内に列車が入って行きます。

 

 

列車はスピードをかなり落として進んでいきます。

しばらくすると、急に大勢の人が列車のすぐそばにいる光景に出会えます。皆さん、メークローン鉄道市場で、列車が来るのを待ち構えていた人たちです。

このメークローン鉄道市場に関しては、市場にいて入ってくる列車を見るのが一般的ですが、このように車内から見るのもお勧めです。

なお、メークローン駅のひとつ手前の駅「バーン・クラブン駅(Bang Krabun、บางกระบูน)」まで行って、一駅だけ乗車する観光客の人もいます。長時間、列車に揺られている時間がない場合などは、それもお勧めです。

 


無事にメークローン駅に到着しました。

到着は14時過ぎで、この列車は約1時間後(15時30分)に折り返しでバーンレーム駅に向かいます。この15時30分の列車が最終なので、日帰りの場合はもう一本、早い列車で来るようにすると、市場から入ってくる列車を見ることができます。

今回、私は一泊する予定なので、15時30分の列車が市場を通っていくところを見ていきたいと思います。

 

今回はここまでです。

次回、メークローン鉄道市場に列車が通る様子を見に行きたいと思います。

 

今回は、以上です。

 

メークローン鉄道市場と水上マーケット①(サムットソンクラーム):バンコクを出発 - (バンコク・タイ)

場所: Samut Songkhram, Thailand

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 c

privacy policy プライバシーポリシー お問い合わせ