SabaayDii LAO Fromラオス、ビエンチャン

ラオスのビエンチャンからいろいろな情報を発信します!

ラオスに住むということ (ビエンチャン・ラオス)

 

f:id:vte2019lao:20211016004419j:plain

 

今回は、外国に住むということのデメリットを感じることがあったので、それについて書きたいと思います。

 

ラオスに住むということ

(ビエンチャン・ラオス)

 

Covid-19の影響で、何かにつけて「普段どおり」ができなくなっています。もちろん、それは仕方のないことで、世界中の人々がある程度の我慢を強いられていると思います。

 

ラオス在住の日本人の皆様ですと、多くの方が受け取ったであろう、今度の衆議院選挙の在外公館投票を行わないことについてです。

 

いろいろ事情があるのはわかるのですが、やりません、というだけで終わらせてしまうことが正しいのか、という気もします。国民の基本的な権利のひとつだと思いますし。

 

ただ、これが、外国に住むということ、またラオスは、諸外国の中でも日本までの距離が遠い国(空間的な距離ではなく、アクセス面において)、ということなのでしょう。

 

でも、できるはずの権利の行使ができない、というのは残念でなりません。

 

f:id:vte2019lao:20211016004441j:plain

 

ラオスには、ラオスが好きで住んでいる方、企業・団体から命じられて来ている方、などなど、いろんな方がいらっしゃると思いますし、受け止め方も様々だと思います。

 

大使館の職員の皆様も法律に従って行っているだけでしょうから、職員の方々を批判するのも違うと思います。制度自体がそのようになっていて、今回は対応できなかったということでしかないのでしょう。願わくば、あらかじめわかっていたことだと思うので、事前に対策が立てられなかったのか、あるいは、紙を運ぶというアナログな方法から脱却できないのか、というところが今後改善していければいいなと思います。

 

f:id:vte2019lao:20211016004416j:plain
f:id:vte2019lao:20211016004423j:plain

 

ラオスでは、今回の在外投票はできないということですが、他の国ではどうなんでしょうか。便数の多いタイやベトナムなどは可能なんでしょうか。

ラオスだけの問題では無いと思われますので、今後の対応に期待したいです。

 

今回の写真は特に意味はありませんが、ビエンチャンの風景の写真を並べてみました。

 

 

今回は、以上です。

 

今日の生活:ラオスに住むということ(ビエンチャン・ラオス)

場所:Vientiane Capital

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 

ラオスの携帯電話事情 (ビエンチャン・ラオス)

 

f:id:vte2019lao:20211014233654j:plain

 

今回はラオスの携帯電話についてです。

ラオスでも携帯電話はほとんどの人に利用されており、街中には携帯電話ショップがあちこちにあります。

今回は、ラオスの携帯電話事情について書いてみたいと思います。

 

ラオスの携帯電話事情

(ビエンチャン・ラオス)

 

といいながら、私はその手の専門家でもなんでもありませんので、小難しいことは書けませんので、誰でも知っている最近のラオスの携帯電話事情をわざわざ書いてみたいと思います。

 

・パスポートの登録が必要になった

まず、この1年ぐらいの大きな変更点です。以前は、適当にSIMカードを買って、お金をチャージすれば使えていましたが、去年の年末ごろに、外国人はパスポート、ラオス人はIDカード番号を登録しなければ使用できなくなる、という話になり、私も登録に行きました。

私はラオテレコム(LAO Telecom)、ユニテル(Unitel)の2社のSIMカードを使用していたため、それぞれのオフィスに行って、パスポート番号の登録をしてもらいました。

 

なお、パスポートの登録だけでなく、顔写真も撮られます。

 

・電話番号が販売されている

これは、以前からあったことですが、ラオテレコム、ユニテルのアプリを触っていると、電話番号が購入できる画面がありました。

 

f:id:vte2019lao:20211014233426j:plain
f:id:vte2019lao:20211014233424j:plain


まず、ユニテルの番号からですが、安い番号は500,000Kip(5,000円ちょっと)からのようです。一応、「413」「413」が繰り返すような多少覚えやすい番号になっていますが、わざわざ買うほどの番号でもないような気がします。
ただ、「1111113」というような番号は、なんと20,000,000Kip(約230,000円)もします。まぁ、どうなんでしょうね。

 

f:id:vte2019lao:20211014233420j:plain
f:id:vte2019lao:20211014233430j:plain

 

ラオテレコムの方は、普通に番号が買える感じです。比較的覚えやすそうな番号が5,000Kip(50円ちょっと)ですので、こちらは悪くなさそうですね。

左上の「5730-1000」が150,000Kip(約1500円)はユニテルの価格を見た後だと、悪くないように思えてしまいます。最後の4桁が「1000」は覚えやすそうです。

 

・リフィルカード

 

f:id:vte2019lao:20211014233432j:plain
f:id:vte2019lao:20211014233435j:plain

 

ラオスの銀行口座があると、そこからチャージができるようになるので、最近はあまり使っていませんが、こんな感じのカードを買って、SIMカードにチャージをしています。

上の写真は10,000Kip分のチャージができます。なお、このカードの大きさは、金額が大きくなるに従い巨大化します。同じ大きさで良いと思うのですが、高額なリフィルカードは大きくないと価値がないのでしょうか。

 

ちなみに、メコン河沿いに行けば、以前と同様、タイのキャリアの電波を拾うこともできます。ただ、近年はラオスのキャリアの電波が強くなっているのか、メコン河の川岸まで行かないと拾えなくなりました。

 

今回は、以上です。

 

今日の生活:ラオスの携帯電話事情 (ビエンチャン・ラオス)

場所:Vientiane Capital

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 

ロックダウンなのでフードデリバリーを使ってみました - Nhamneung Beausavanh Thongkhankham(ແຫນມເນືອງບິວສະຫວັນ ທົ່ງຂັນຄຳ) - (ビエンチャン・ラオス)

 

f:id:vte2019lao:20210502121006j:plain


世界中で感染拡大しているCovid-19ですが、ラオス新年であるピーマイラーオ期間中に発生した市中感染により、ラオスも例外とは言えない状況になりました。

現在は、2020年4月・5月以来の大きな行動制限令が発令中です。

 

ロックダウンなのでフードデリバリーを使ってみました

- Nhamneung Beausavanh Thongkhankham(ແຫນມເນືອງບິວສະຫວັນ ທົ່ງຂັນຄຳ) -

(ビエンチャン・ラオス)

 

ビエンチャンを対象にしたロックダウンの期間は、当初、4月22日から5月5日まででしたが、もう、何回目かわからないほど延長されています。その後、小康状態が続いていましたが、9月中旬にクラスターの発生もあり、感染者が急増しています。現在は10月15日までの予定で、かなり厳格なロックダウン中です。少し前の収束ムードは消し飛んでしまいました。

 

ということで、しばらくの期間、引き籠もることになりそうです。ありがたいことに、デリバリーサービスは継続してくれていますので、そこで注文した中で「これは!」と思えるお店もありましたら、その辺をご紹介していきます。

 

  

場所は「トンカンカム市場」の向かい側辺りでしたが、具体的な位置がわかりませんので、おおよその場所を出しています。

 

 

今回の「Nhamneung Beausavanh Thongkhankham(ແຫນມເນືອງບິວສະຫວັນ ທົ່ງຂັນຄຳ) )」、市内中心部から少しだけ北寄りにあります。トンカンカム市場の南側にある屋台街のお店だと思われます。

 

今回は、適当にフードパンダを見ていたら、揚げ春巻きがおいしそう!と思ったので、注文してみました。

フードパンダの写真には、春巻き4本の写真だったので、揚げ春巻き4本が来るものと思っていました。実際、届いてみると、下の写真のようでした。

 

f:id:vte2019lao:20211013234957j:plain

 

通常、デリバリーサービスで思っていたのと違う!という場合、残念な方向に行くのですが、今回は逆に「こんなに受け取っていいの?」と思う内容です。

左端に揚げ春巻きが4本あり、これにソースがつくぐらいのイメージでした。春巻きをおかずに白米を食べる予定でしたが、想定外に素麺のような麺と大量のサラダもついています。

 

f:id:vte2019lao:20211013235003j:plain

 

ということで、お皿に盛ってみました。

左の春巻きとサラダ、自分で炊いたご飯で充分ですが、右の素麺のようなものもいただきます。

 

f:id:vte2019lao:20211013235007j:plain

 

メインの揚げ春巻きです。

結構な大きさの春巻きです。これだけでご飯1膳いける量です。

味の方も、中は豚ミンチと春雨のようなものが入っており、美味しかったです。

 

f:id:vte2019lao:20211013234943j:plain

 

麺の方は、食べ方があっているのかどうかわかりませんが、野菜と素麺、スープを入れ、その上にきな粉のようなものが小袋でついていたので、それを麺にかけています。これはこれで、美味しかったですね。

ボリュームも結構あり、これだけでも1食分になりそうです。

 

 

ということで、フードパンダでの食レポでした。

今回注文した揚げ春巻きですが、予想外に麺類までセットになっており、とてもお得感がありました。なお、価格は20,000Kip(+送料)でした。味もよく、値段も安いですし、この内容(量)なら言うことなしでした。

なお、フードパンダで注文する様子は、以前に記事にしていますので、注文から届くまでの様子は下記からもお読みいただけます。

 

vte2019lao.hatenadiary.com

 

ロックダウンはいつ終わるのか!?と思っていたのですが、当面、終わりそうにありません。年内いっぱいこういった状態が続くのかもしれません。とはいえ、日々食事はしなければなりません。デリバリーサービスは、実際に手元に商品が届いてみるとがっかりするケースもありますので、そういった点で参考にもなればいいなということで、デリバリーシリーズもやっていきたいと思います。

 

 今回は、以上です。

 

今日のお店(デリバリー): Nhamneung Beausavanh Thongkhankham(ແຫນມເນືອງບິວສະຫວັນ ທົ່ງຂັນຄຳ) (ビエンチャン・ラオス)

場所:Chao Anou Road,  Vientiane capital

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 

メルヘンチックなビンスーのお店 - ビンスーツリー(Bingsu Trees) - (ビエンチャン・ラオス)

 

f:id:vte2019lao:20211012215136j:plain

 

ラオスには「ビンスー」と呼ばれるかき氷のお店が、たくさんあります。

「ビンスー」自体は韓国のかき氷で、韓国の氷菓子「バッピンス」がタイで流行り始め、ラオスにも飛び火したようです。本場の韓国では1900年代からあるとのことで、韓国の伝統的なお菓子のひとつのようです。

今回は、以前から行ってみたいと思っていたお店に行ってきました。

 

今回ご紹介するのは 

 

メルヘンチックなビンスーのお店

- ビンスーツリー(Bingsu Trees) -

(ビエンチャン・ラオス)

 

です。   

 

場所は、下記になります。

 

 

ビエンチャンでもトップクラスのランドマーク「パトゥーサイ」や「タートルアン」から、それぞれ微妙な距離があるところにあります(それぞれから、近くではありません)。お店も多いエリアですが、旅行者にはあまりなじみが薄い地域で、どちらかというと在住外国人の方が多いエリアです。

 

f:id:vte2019lao:20211012215103j:plain

 

お店の外観です。
古い民家を改装した感じですが、いろいろと装飾を施して、いい雰囲気になっています。

ビンスーをはじめ、カフェメニューがいろいろあるようです。

 

f:id:vte2019lao:20211012215120j:plain
f:id:vte2019lao:20211012215149j:plain

 

店内の様子です。

壁はピンクです。天使の羽があったりで、一瞬、入って良かったのかと思う雰囲気もありますが、カフェですので、気にせず、席につきましょう。

 

f:id:vte2019lao:20211012220732j:plain
f:id:vte2019lao:20211012220735j:plain

 

メニューです。

イチオシは、店名にもなっている「ビンスー」です。10種類以上あり、バリエーションも豊富です。

それ以外にも、ランチ用のメニューもあります。ただ、このピンク色のお店で普通にご飯を食べるのどうかと思いますが、試してみても良いかもしれません。

 

f:id:vte2019lao:20211012215152j:plain

 

今回は、「マンゴーのビンスー」にしました。

若干、ピントがずれてしまいましたが、上から順に

・アイスクリーム

・ホイップクリーム

・かき氷とマンゴー

になっています。

高さは15㎝ぐらいあり、なかなかのボリューム感です。

 

f:id:vte2019lao:20211012215057j:plain
f:id:vte2019lao:20211012215133j:plain

 

さらに、マンゴーの実、クラッカー、ポッキーのようなもの、練乳もついてきます。

 

見た目はかなり大きいですが、大部分は氷ですので、食べ始めると、ひとりでも意外にあっさりと食べることができます。

練乳が別になって出てくるので、甘さがさらにほしい人はかければ良いですし、ほどほどの甘さにしたい人は、加減して練乳をかけましょう。

 

f:id:vte2019lao:20211012215130j:plain

 

食べ始めから、中盤に差し掛かったあたりです。マンゴーの果実が埋め込まれていたりするので、結構お腹がふくれてきます。

練乳を足したり、クラッカーを入れたりしながら、飽きずに食べていきます。

 

f:id:vte2019lao:20211012215123j:plain

 

ということで、30分程度で食べきりました。

店内全体がピンク色で、味も心もスイーツになることでができるお店です。

ぜひ、一度訪れてみてください。

 

以前にも、別のお店ですが、ビンスーの記事をアップしています。

よろしければ、そちらもお読みください。

 

vte2019lao.hatenadiary.com

 

 

今回は、以上です。

 

今日のお店:ビンスーツリー(Bingsu Trees)(ビエンチャン・ラオス)

場所:NongBone Road, Vientiane capital

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 あ

ラオス北部のスペシャル麵(アレンジ版) - カオソーイヘン - (ビエンチャン・ラオス)

 

f:id:vte2019lao:20211011224425j:plain

 

ラオスは麺料理が豊富です。

街中でよく見かけるのは「カオピヤック」と呼ばれる米で作られた麺ですが、それ以外にも「カオソーイ」と呼ばれるラオス北部の麺料理もあります。以前は、ビエンチャンや南部の都市では、あまり見かけなかったようですが、現在は、ビエンチャンでもよく見かけ、ランチに食べることもあります。

一般的な麺料理はスープがありますが、アレンジ版として、汁なしバージョンも存在します。

 

今回はラオス北部の名物料理「カオソーイ」の汁なしバージョンです。

 

今回ご紹介するのは、

 

ラオス北部のスペシャル麵(アレンジ版)

- カオソーイヘン -  

(ビエンチャン・ラオス)

 

です。

 

f:id:vte2019lao:20211011225253j:plain

 

まずは、一般的によく見かける「カオソーイ」です。

普通にスープがあり、肉味噌が乗っています。

 

f:id:vte2019lao:20211011224425j:plain

 

今回の汁なしバージョン「カオソーイヘン」はこんな感じになります。「ヘン」はラオス語で「乾いた」というような意味で、スープがないので、このように呼ばれています。

スープが無く、かかっている肉味噌を混ぜて食べます。肉味噌の味がダイレクトに来ますね。私は初めて食べましたが、違う麺料理のようになり、これはOKだと思います。

 

なお、他の麺料理であれば、汁なしバージョンも普通ですが、カオソーイの汁なしバージョンは今まで出会えませんでした。肉味噌の味が命になりますので、よっぽど自信がないと出せないメニューなのかもしれません。

 

また、日中、暑いときに食べる場合、スープがあると、さらに暑くなってしまいますが、これなら、それほど汗もかかずに食べれるような気がします。

 

f:id:vte2019lao:20211011224418j:plain

 

今回はフードパンダで注文しましたので、こんな感じで届きました。熱いスープがビニール袋に入れられてくるのが嫌な方も、これは熱くないので、良さそうですね。

 

f:id:vte2019lao:20211011224429j:plain

 

お店自慢の肉味噌も、たくさん入っています。これだけをご飯に塗って食べても良さそうです。

 

f:id:vte2019lao:20211011224414j:plain
f:id:vte2019lao:20211011224435j:plain


最後に、肉味噌を乗せたところと、混ぜたところです。

混ぜると見栄えが悪いのが欠点でしょうか。この辺は、スープがある方がきれいですが、味はそれぞれに特徴があるので、その日の気分やお好みで選ぶのがよいでしょう。汁なしバージョンの方が、味は濃いめになりますね。

 

ということで、今回はラオス北部のスペシャル麵「カオソーイ」の汁なしバージョン「カオソーイヘン」でした。

 

今回は、以上です。

 

今日の料理:カオソーイヘン (ビエンチャン・ラオス)

場所:Vientiane Capital

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 

雨期もあと少し?乾期の到来を待つビエンチャンの様子 (ビエンチャン・ラオス)

 

f:id:vte2019lao:20211010224627j:plain

 

ラオスの季節は、

・雨期

・乾期

・暑期

に分けられます。

9月から10月初めにかけては、連日、激しい雨が降り続きました。ただ、10月に入って、少し空気や空の様子が変わってきたかなと感じています。暦の上では、来週の「オークパンサー(出安吾)」が雨期の終わり、乾季の到来ということになるようです。

 

今回は、そんなビエンチャンの季節の様子です。 

 

雨期もあと少し?乾期の到来を待つビエンチャンの様子  

(ビエンチャン・ラオス)

 

です。

 

一般にラオスの雨期は5月~10月頃と言われます。一方で、11月~3月頃までは乾期となります。2020年~2021年の乾期は、全く雨が降らなかった記憶があります。そのため、非常に大気が悪くなり、PM2.5も連日高い日が続いていました。

 

f:id:vte2019lao:20210703231815j:plain

 

上の写真は、今年の7月頃の写真です。雨期に入ってからは、連日の雨で、空気が澄んでおり、呼吸がしやすい日が続いていました。とてもきれいな青空ですね。

 

f:id:vte2019lao:20211010224613j:plain

 

最近は、ちょっと靄がかかるような空になってきています。1日1回、雨が降るという感じでもなくなり、降りそうで降らない日も出てきました。

(と言いながら、昨日の10月10日は久しぶりに土砂降りでした)

 

f:id:vte2019lao:20211010224644j:plain

 

乾期に入ると、ラオスの代表的なお祭りが予定されています。ただ、今年はCovid-19の影響で実施できるでしょうか。10月中旬にはボート祭り、11月にはタートルアン祭りが予定されています。

昨年は、世界的にはCovid-19の影響が大きかったものの、ラオスは完全無風状態で盛大にお祭りが行われました。今年は難しいかもしれません。

去年のタートルアン祭りの様子は、下記からお読みいただけます。

 

vte2019lao.hatenadiary.com

 

f:id:vte2019lao:20211010225430j:plain

 

メコン河沿いでは、毎年ボート祭りも実施されます。この日のために、連日の大雨がメコン川の水位を押し上げています。それなりの水量になっているようなので、Covid-19が落ち着いていれば、メコン河的には実施できそうです(ただ、来週の話なので、Covid-19で無理な気がします)。

 

10月、11月には、

・オークパンサー(出安吾)

・ボート祭り

・タートルアン祭り

とお祭り、行事が目白押しで、その様子をぜひお伝えしたいと思っていましたが、どれも、例年通りの開催はできそうにない気がします。

 

f:id:vte2019lao:20211010224638j:plain

 

日本はだいぶ涼しくなってきているようで、そろそろ秋の装いだと思います。ラオスは、日中35度ぐらいになる日も多く、あと少し、暑い時期が続きそうです。ただ、季節は確実に進んでいるように感じます。

 

 

今回は、以上です。

 

今日の生活:雨期もあと少し?乾期の到来を待つビエンチャンの様子 (ビエンチャン・ラオス)

場所:Vientiane Capital

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 

洋食がおいしいカフェ&レストラン - アデッソカフェ(Adesso Cafe & Bakery) - (ビエンチャン・ラオス)

 

f:id:vte2019lao:20211009230905j:plain

 

このブログの食事関係の記事は、ラオス料理、日本料理、中華料理、韓国料理がほとんどですが、今回は西洋料理です。

以前から行ってみたいと思っていましたが、ロックダウンによる規制もゆるくなり、営業を再開したとFacebookに出ていたため、行ってみました。

 

今回ご紹介するのは 

 

洋食がおいしいカフェ&レストラン

- アデッソカフェ(Adesso Cafe & Bakery) -

(ビエンチャン・ラオス)ス)

 

です。   

 

場所は、下記になります。

 

 

ビエンチャンでもトップクラスのランドマーク「パトゥーサイ」の近くにあります。ただ、旅行者があまり行かないエリアで、どちらかというと在住外国人の方が多いエリアです(今は、外国人観光客が入国できないので、そもそも旅行者は、ほぼいませんが)。

 

f:id:vte2019lao:20211009231042j:plain


「アデッソカフェ(Adesso Cafe &Bakery)」の外観です。

西洋風の建物、コロニアル調というのでしょうか。ラオスには多く残っている植民地時代に建てられた建築イメージな感じがします。

 

f:id:vte2019lao:20211009230905j:plain
f:id:vte2019lao:20211009230959j:plain

 

店内の様子です。

白を基調に、少しウッディーな感じの色合いが入っています。とてもオシャレな感じがします。

 

f:id:vte2019lao:20211009231019j:plain
f:id:vte2019lao:20211009231023j:plain
f:id:vte2019lao:20211009231015j:plain
f:id:vte2019lao:20211009230939j:plain


メニューも西洋料理が並びます。一部、ラオス料理もありますが、ここでのメインは西洋料理なのでしょう。
価格は30,000Kipぐらいからですが、お店の雰囲気などを考えると、かなりお手頃な料金設定だと思います。

 

f:id:vte2019lao:20211009230927j:plain


今回は、Baked Spinach with Cheese(ほうれん草のチーズ焼き)にしました。

こういう感じの料理は、ラオスでは初めて食べた気もします。ほうれん草が下に敷き詰められており、その上のたっぷりのチーズが乗せられ、オーブンでじっくりと調理されています。

鶏などのお肉系は入っていませんが、ほうれん草の他に、玉ねぎとガーリックなども入っており、良い味付けになっています。

 

ちなみに、価格は30,000Kipと330円ほどです。もっと高くてもと思えるレベルでした。

 

f:id:vte2019lao:20211009230919j:plain

 

食事と合わせていただいたお水です。

色がついていますが、バタフライピーでしょうか。この辺もこだわりを感じさせます。

 

f:id:vte2019lao:20211009230901j:plain
f:id:vte2019lao:20211009230858j:plain

 

ということで、「アデッソカフェ(Adesso Cafe & Bakery)」のご紹介でした。

お客さんは西洋人が2組とラオス人が1組いましたが、やはり、西洋人に人気なのでしょう。また、今度、別のメニューも試してみたいと思います。

 

なお、営業時間は朝の7時から夕方5時までのようです。ディナーの利用はできませんので、ご注意ください。朝食メニューもあるので、早朝かランチでのご利用がお勧めです。

 

今回は、以上です。

 

今日のお店:アデッソカフェ(Adesso Cafe & Bakery)(ビエンチャン・ラオス)

場所:NongBone Road, Vientiane capital

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 

privacy policy プライバシーポリシー お問い合わせ