SabaayDii LAO Fromラオス、ビエンチャン

ラオスのビエンチャンからいろいろな情報を発信します!

ローカルバー&レストラン - リラックス(RELAX) - (ビエンチャン・ラオス)

 

 

 

 

過去に何度か、同じようなラオス人が集まるバー&レストランを紹介していましたが、今回もそのような感じのお店です。

今回ご紹介するのは、

 

ローカルバー&レストラン - リラックス(RELAX) -

(ビエンチャン・ラオス) 

 

です。

 

場所は下記になります。

 

 

場所は、市街中心部から比較的近いところにあります。

パトゥーサイからさらに北西方面に500mほどいったところになります。アセアン通りという大きな通り沿いですが、外観はさほど派手ではないので気をつけないと通り過ぎるかもしれません。

ただ、週末の20時以降はかなり盛況なので、車が多く停まっていれば、多分そこです。

 

f:id:vte2019lao:20210419230540j:plain
f:id:vte2019lao:20210419225932j:plain



お店の様子です。

まだ、明るい間はお客さんもそこそこですが、当たりが暗くなる20時頃には満員になる人気店です。

そして、このようなお店の例にもれず、バンドの生演奏もあります。それが始まるのも19時頃からになります。これが始まると、会話ができなくなる等もありますので、静かな雰囲気の方が良い場合は、開店直後の17時頃に行きましょう。

 

f:id:vte2019lao:20210419225937j:plain


メニューの写真は撮り忘れてしまいました。

だいたい一皿30,000Kip程度からです。日本の居酒屋風のポテトフライや軟骨の唐揚げなんかもあります。香草が入っているのがラオスっぽいですが、味は日本の軟骨の唐揚げに近いです。お腹がふくれるメニューも多いので、意外と安くつくかもしれません。

 

 

f:id:vte2019lao:20210419225951j:plain

 

20時過ぎは満席になります。

生演奏も始まり、俄然活気がでてきます。

 

f:id:vte2019lao:20210419230601j:plain

 

噴水のようなモニュメントもあります。ただ、この噴水?、風が強いときは、周辺のテーブルまで水が飛んできますので注意が必要です。

 

f:id:vte2019lao:20210419230624j:plain


 週末はラオス人を中心に盛況なバー&レストランでした。

 

似たような雰囲気のお店は、下記も当ブログで紹介しています。ラオスっぽく飲みたいときはこういったお店もよいでしょう。下記から様子をご覧いただけます。 

 

vte2019lao.hatenadiary.com

vte2019lao.hatenadiary.com

 

ただ、2021年4月現在、Covid-19の市中感染により、こういった形態のお店は営業を停止しているところが大半のようです。上の写真も電気が消えています。

新たな市中感染者が出なければ、営業は再開できるようになると思いますので、しばらくの間は我慢しましょう。

 

今回は、以上です。

 

今日のお店:RELAX(ビエンチャン、ラオス)

場所:Asean Road, Vientiane

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村

 

 

ラオスの外資系ファストフード店 - ロッテリア(Lotteria)-(ビエンチャン・ラオス)

 

f:id:vte2019lao:20210418235856j:plain

 

ラオスには、マクドナルドやモスバーガーといったファストフード店は見かけません。唯一と言っていいのは「ロッテリア(Lotteria)」です。現在、順調に店舗数を増やしており、ビエンチャン市内中心部のチャオアヌ通り沿いや、パクソンデパート1階にも出店しています。

今回は、アセアン通り沿いにあるお店の紹介です。

 

ラオスの外資系ファストフード店

- ロッテリア(Lotteria)-

(ビエンチャン・ラオス)

 

実は、「ロッテリア」はかなり前に一度紹介したことがありますが、その際はアイスクリームだけ食べてた記事でしたので、お店のメインであるハンバーガーも食べてみようということで、2回目の紹介になります。

 

場所は下記になります。

 

 

パトゥーサイの近くにある店舗になります。最も行きやすいのはチャオアヌ通り沿いか、パクソンデパートかと思いますが、今回のお店の方がお店も広く、座席数も多いので、 ゆったりしたい場合はこちらがお勧めです。

あと、ラオス国立大学近くにもあり、私の知る限り、現在4店舗あります。

 

 

f:id:vte2019lao:20210418235925j:plain

 

お店の外観です。

大きなロゴの看板があるので遠くからでもすぐにわかります。2階もありますので、かなりの収容人数になると思います。

 

f:id:vte2019lao:20210418235856j:plain
f:id:vte2019lao:20210418235930j:plain
f:id:vte2019lao:20210418235752j:plain
f:id:vte2019lao:20210418235742j:plain

 

メニューです。

ハンバーガーを中心にチキンやサイドディッシュメニューがあります。ハンバーガーは、単品で18,000Kip(約200円から)とお手頃価格なのではないでしょうか。ドリンクとポテトのセットにしても40,000Kip前後(450円前後)となります。

 

f:id:vte2019lao:20210418235759j:plain
f:id:vte2019lao:20210418235921j:plain
f:id:vte2019lao:20210418235915j:plain

 

店内(1階)はこのような感じです。

ほとんどの座席にコンセントやUSB端子が備えられており、スマホの充電等も可能です。もちろんWiFiも利用可能ですので、ちょっとした仕事なんかもすることができそうです。

 

f:id:vte2019lao:20210418235901j:plain
f:id:vte2019lao:20210418235841j:plain


店内(2階)の様子です。

2階の方が広々としていますね。イスはプラスチックであったり、背もたれが無かったりですが、お好みに応じて選びましょう。

なお、時間帯によっては大学生が勉強やクラブの打合せなどに使っていることもあり、少し騒がしいかもしれません。

 

f:id:vte2019lao:20210418235850j:plain
f:id:vte2019lao:20210418235831j:plain

 

注文の方ですが、エビバーガー(25,000Kip)とポテト(10,000Kip)にしました。この辺は、日本でもよく見るロッテリアのハンバーガーです。

なお、今回はビエンチャン市内でCovid-19の市中感染者が出たということで、テイクアウトにしました。

 

 

f:id:vte2019lao:20210418235826j:plain

 

せっかく自宅なので、お皿に盛ってみました。

こう見ると、ロッテリアのハンバーガーも少し、高級ぽっく見えますね。

 

味は、普通ですが、たまにはこういったジャンクフードもいいですね。

 

今回は、以上です。

 

今日のお店:Lotteria(ビエンチャン、ラオス)

場所:Asean Rd, Vientiane 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 

ピーマイ期間中のワッタイ国際空港(ビエンチャン・ラオス)

 

f:id:vte2019lao:20210418124620j:plain

 

ピーマイラオ(ラオス新年)も終わり、街の中も落ち着いてきたような気がします。

外国人旅行者が入国できないため、観光業はかなりの打撃を受けているようですが、このピーマイ期間中は、ラオス人も旅行に出かけているようで、久しぶりに国内各都市も賑わったようです。

ビエンチャンの空の玄関口「ワッタイ国際空港」も国内線のみですが、そこそこの旅客数になったようです。

 

ピーマイ期間中のワッタイ国際空港(ビエンチャン・ラオス)

 

ピーマイ期間中に旅行をしていましたので、久々にワッタイ空港を利用しました。その際の様子です。

 

場所は下記になります。

 

 

 

 

 

f:id:vte2019lao:20210418124429j:plain


国内線チェックインカウンターです。

久々に活気が、と書きましたが、私が到着した時間は夕方だったこともあり、もう出発便はなく、がらんとしています。ピーマイ期間に入った頃の午前中などはかなりの人出だったようです。

 

f:id:vte2019lao:20210418124454j:plain
f:id:vte2019lao:20210418124423j:plain

 

国内線で到着した際のバゲージクレームです。

奥にかなりの人が荷物を待っています。私の乗ってきた飛行機も満席でした。ルアンパバーン便などは増便してもほぼ満席だったようですので、結構人が動いたのでしょう。

在住者と思われる外国人も多かったですが、ラオス人比率も結構高く、私の乗った便では、7割ほどはラオス人でした。

 

f:id:vte2019lao:20210418124449j:plain

 

国際線の方は閉まっており、電気も消されていました。

臨時便がある時しか国際線ターミナルはオープンしないようですので、仕方ないですね。

※写真がうまく保存できていなかったので、少し前の写真です。

 

 

私個人的な印象ですが、ラオスの人はあまり旅行をしないイメージでした。ただ、年末やこのピーマイ期間の様子を見ていると、ラオス人旅行者というのも、結構いるのだなと思いました。

外国人旅行者がいなくなったので、ホテルや航空会社等が大幅割引をし始めた、というのもあるのかもしれません。こういった形であっても、内需が増えてくるのは良いことなのでしょう。

 

ビエンチャンでのCovid-19市中感染は、こういった動きを止めてしまうのかもしれません。しかし、医療のキャパシティの問題もあり、経済よりもまずは安心を優先する必要性もあるようにも思います。昨年は初動で的確な対応を行い、Covid-19を封じ込めたラオス政府ですが、今回はどうなるのでしょうか。最良は、感染者から他者へ移ることなく終息していくことで、そうであれば良いなと思います。

 

今回は、以上です。

 

今日の生活:Wattay InterNational AirPort(ビエンチャン、ラオス)

場所:Wattay International airport,  Vientaine

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 

新しくできた中華麺屋さん - ゲオブラックヌードル(Keo Black Noodle )-(ビエンチャン・ラオス)

 

 

f:id:vte2019lao:20210417003221j:plain

 

ラオスの麺類でよく見かけるのは、米から作った「カオピッヤク」ですが、中華麺も置いているお店は多いようです。「ミールアン」とか「バミー」とかで注文すると、麺の種類を変えてくれるようです。

今回のお店は、元々、中華麺がメインのお店のようで、黙っていても中華麺が出てきます。

 

新しくできた中華麺屋さん

- ゲオブラックヌードル(Keo Black Noodle )-

(ビエンチャン・ラオス)

 

「新しくできた」とタイトルに入れましたが、他の場所にもお店があるのかもしれません。

 

場所は下記になります。

 

 

縮尺を広げる(広範囲の地図にする)とうまく表示されませんでしたので、かなり寄った(狭い範囲だけ表示)になっています。GoogleMapの登録はお店の名前に加え(Ban Anou)と書かれているので、本店がどこかほかにあるのかもしれません。 

 

 

f:id:vte2019lao:20210417003226j:plain

 

お店の外観とメニューです。

メニューはほぼ一種類で、トッピングや汁あり、汁なしなどを選ぶ形のようです。

価格は15,000Kipと表示されていますが、トッピングすると値段も追加されていきます。

 

f:id:vte2019lao:20210417003216j:plain
f:id:vte2019lao:20210417003213j:plain

 

店内の様子です。

あまりかざっりけは無く、シンプルな内装です。

 

f:id:vte2019lao:20210417003221j:plain

 

汁あり、ワンタンと揚げ豚(ムーコーブ)にしました。

スープは塩味でシンプルです。そのままでもしっかり味がついていておいしいですが、テーブルには定番の調味料がありますので、お好みで追加できます。

ピリ辛がお好みであれば唐辛子、塩味が欲しい人はナンプラーなどを追加してお好みの味に仕上げましょう。

 

なお、このお店、ラオスにしては珍しくWebsiteもあります。

以下がそのリンクですが、麺の写真も載っています。ただ、汁なしばかりが載っていますので、お店のお勧めは汁なしだったのかもしれません。ちなみに汁なしは「ヘーン」と注文しましょう。

 

keo-black-noodle.business.site



 

今回は、以上です。

 

今日のお店:Keo Black Noodle(ビエンチャン、ラオス)

場所:Khun Bu Lom Rd, Vientiane 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 

(ピーマイ企画⑤)<テーマ:旅行>

 

f:id:vte2019lao:20210416002348j:plain

 

サバイディーピーマイ。新年あけましておめでとうございます。

日本で言う三賀日、ラオスも新年三日目となりました。一応、ラオス新年であるピーマイは4月14日~16日までの3日間ということのようです。なので、ラオスのお正月は今日(16日)までということになります。

 

さて、かなりダラダラと続けてきました「ピーマイラーオ(ラオス新年)」企画ですが、今日までにして、これ以降は元の形に戻りたいと思います。

 

それでは、最後の一年の総決算をやっていきたいと思います。

このブログでは一応、1日1件アップしていっていますが、そのサイクルになったのはまだ半年ぐらいですので、1年の総決算というわけではないかもしれませんが、テーマ毎で振り返ってみます。

今回は、「旅行」をテーマにしたカテゴリー「旅行記」で紹介した記事からピックアップしてみたいと思います。ただ、今回も、「ランキング」ではなく、印象に残っている内容をピックアップしています。

 

(ピーマイ企画⑤)<テーマ:旅行>

 

旅行記」のカテゴリーでは、主にラオス国内の旅行を中心にアップしてきました。一部、Covid-19以前でタイにも自由に渡航できたときのものもあります。

主に記事にしてきた旅行先は下記になります。

ラオス北部旅行記(①~⑮)

  主な行き先:ビエンチャン、バンビエン、ルアンパバーン、ノーンキヤウ、

        ムアンゴイ、ルアンナムター

 

ラオス南部旅行記(①~④)

  主な行き先:パクセー、チャンパーサック(ワット・プー)

 

日帰り旅行(ナムグムダム)

  主な行き先:ビエンチャン県ナムグムダム

 

ラオス中部旅行記(①~③)

  主な行き先:カムムアン県コンロー洞窟

 

ルアンパバーン旅行記(①~③)

  主な行き先:ルアンパバーン

 

日帰り旅行(タゴーン)

  主な行き先:ビエンチャン都タゴーン

 

バンビエン旅行記(①~⑤)

  主な行き先:ビエンチャン県バンビエン

 

ターケーク旅行記(①~⑤)

  主な行き先:カムムアン県ターケーク

 

一部、2019年のものもありますが、こう見るとそれなりにいろいろ旅行してますね。

 

どこが印象に残っているかと言われると、ラオス中部旅行記(①~③)のコンロー洞窟ですね。2020年2月に訪問しましたが、自然が豊かなところにゲストハウスが点在し、朝は鶏の鳴き声で目覚める、という感じの場所です。

その近くに洞窟があり、洞窟の中は地下水が流れており、そこをボートで進んでいく、という探検のようなツアーです(下記の写真)。

 

f:id:vte2019lao:20210416000812j:plain
f:id:vte2019lao:20210416000805j:plain

 

ここは、もう一回行ってみてもいいかなと思えるところです。洞窟周辺の村の雰囲気が非常に良く、滞在しているだけで、のんびりした気分にさせてくれます。

 

過去の振り返りは、今回はこの1件だけにしておき、今後、行ってみたいところを考えてみたいと思います。

ラオス国内でも、まだまだ行ったことのない地域はたくさんあります。ラオス北部は、一番北にある「ポンサリー県」は、現在飛行機の運行が無いため、行くのがかなり難しそうです。バスも駆使してという形になりそうですが、機会があれば行ってみたいと思っています。また、ラオス南部でパクセー周辺の「サラワン・セーコン・アッタプー」の3県も行けたらなと思っています。

 

旅行情報をまとめた「旅行記」のカテゴリーから、過去の旅行の振り返りと、今後の旅行を思い描いてみました。

なお、現在もピーマイ休暇を利用した旅行が進行中ですので、これは追々旅行記にしてみたいと思います。

 

ラオス新年を迎えた、ゆく年くる年企画第5弾は「<テーマ:旅行>でした。

 

今回は、以上です。

 

今日の旅行:なし(ラオス)

場所:Laos , Thailand

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 

サバーイディー・ピーマイラーオ(SabaayDii Pimay Lao)

 

f:id:vte2019lao:20210414234356j:plain

 

サバイディーピーマイ。新年あけましておめでとうございます。

この投稿がアップされるのは、新年2日目ですが、あらためまして、サバーイディーピーマイ。

 

サバーイディー・ピーマイラーオ(SabaayDii Pimay Lao)

 

コロナの影響を受けつつの年明けになりましたが、今年1年よろしくお願いします。

昨日、「生活」カテゴリーの振り返りで、ラオスの文化的なものもピックアップしましたが、生活習慣・文化として、もっとも忘れてはならないものが、新年の水掛け祭りでしょう。

今年は、コロナの影響もあり、水掛け祭りは禁止という通達が政府から出ています。2年連続で水掛け祭りができない状況となってしまいました。

とはいえ、ラオス人の老若男女の皆さんがこのイベントを楽しみにしていた、ということでしょう。なんとなく、ルールを決めて実施しちゃっています。

 

f:id:vte2019lao:20210414234343j:plain
f:id:vte2019lao:20210414234352j:plain


街の中は水浸しです。ビニールプールに水をためてかけかあっています。

ただ、例年と違う点があり、「戦闘態勢をとっていない相手には水をかけない」、という暗黙!?のルールが存在するようです。そのため、この周辺を歩いていても、水をかけられることはありませんでした。

 

f:id:vte2019lao:20210414234347j:plain

 

トラックの荷台に陣取って、水を掛ける方法も健在です。こちらも同様に、無抵抗な人への水かけはありません。ただ、この車同士が接近すると、一気にヒートアップします。

こういったルールに加え、時間制限もあるようで、夕方頃には撤収されていきました。

 

今年は「水掛け祭り禁止」のつもりだったので、スマホなどの防水は全く考えていませんでした。幸い、ちょっと水しぶきが飛んできた程度でしたので、無事にすみました。

やっぱりラオスの人は水かけしたいんですね!

 

なお、ピーマイのこの日は、ビエンチャンを離れて旅行しておりました。写真だけで、ここがどこかわかる方はかなりのラオス通だと思いますが、旅行記も追々アップしていこうと思っています。

  

今回は、以上です。

 

今日の生活:Pimay Lao(ラオス)

場所:Laos 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 

(ピーマイ企画④)<テーマ:ラオス生活>

 

f:id:vte2019lao:20210413195217j:plain

 

サバイディーピーマイ。新年あけましておめでとうございます。

ラオスも新年を迎えることになりました。ただ、数日前、およびこの投稿の前日である4月13日にショッキングな情報が飛び込んできました。ラオス在住、特にビエンチャンの方はご承知かと思いますが、Covid-19の市中感染によるロックダウンが実施となるようです。※4月13日の夕方時点。

 

ロックダウン自体は、Covid-19対策として必要なことですので、しっかり対応していきたいと思っています。ただ、当ブログに関しては、外に出られないと難しい部分もあるのですが、様子を見ながらやっていきたいと思っています。

 

さて、数日続いています「ピーマイラーオ(ラオス新年)」企画です。

この投稿がアップされる4月14日はちょうどラオス新年にあたります。

日本で言うと、元旦ですが、もう少し一年の総決算をやっていきたいと思います。

このブログでは一応、1日1件アップしていっていますが、そのサイクルになったのはまだ半年ぐらいですので、1年の総決算というわけではないかもしれませんが、テーマ毎で振り返ってみます。

今回は、「ラオスで生活するにあたって」をテーマにしたカテゴリー「生活」で紹介した記事からピックアップしてみたいと思います。ただ、今回は、「ランキング」ではなく、印象に残っている内容をピックアップしています。

 

(ピーマイ企画④)<テーマ:ラオス生活>

 

「生活」のカテゴリーでは、ラオスのビエンチャンを中心に、ラオス国内で訪問したスーパーや、ラオス文化に関わるものを記録しています。他のカテゴリーに比べ、幅が広い内容になっているかもしれません。

ということで、独断で印象に残っている記事をピックアップします。基準は「読み返してみて印象に残っている」になります。繰り返しますが、完全に私の独断と偏見です。

 

それでは、発表です。

 

1件目:ラオス初の高速道路

 

f:id:vte2019lao:20210413192941j:plain
f:id:vte2019lao:20210413192937j:plain

 

1件目は、「ラオス初の高速道路」です。 

 年末にこの高速道路を利用してバンビエンに行きましたが、非常に快適でした。以前は、国道13号線を走って約4時間ほどかかっていましたが、この高速道路利用で1時間ちょっとで到着しました。バンビエン手前の山間部分をトンネルなどで抜けていけるのが大きいですね。

将来はルアンパバーンなどにも行けるようになるので、北部の街への所要時間は徐々に短縮されそうです。

 

2件目:パクソンデパート

f:id:vte2019lao:20210413193756j:plain
f:id:vte2019lao:20210413193802j:plain

 

2件目は「 パクソンデパート」です。

私がそれなりの頻度で買い物をしているというのもありますが、品揃えはトップクラスですね。特に輸入品も多く扱っているので、日本製品もある程度、販売されています。日本製品を専門的に取り扱うスーパーには及びませんが、充分満足できるラインナップです。

また、デパートの地下にあるスーパーとしては、価格もそこまで高くなく、それでいてクオリティの高いものを調達できるので重宝しています。

 

3件目:ダイソー

f:id:vte2019lao:20210413194331j:plain
f:id:vte2019lao:20210413194326j:plain

 

3件目は「ダイソー」です。

日本では、ちょっとした小物が欲しくなったときはダイソーを始めとした100円ショップに行っていましたが、ラオスでもダイソーがあります。ただ、日本の倍以上する250円前後で販売されています。まぁ、ラオスで生産している商品ではないので、それは仕方ないところですが(ただ、Made in Malaysia等と書かれていますので、純粋な日本製ではないのですが)。

でも、「あれ、あるかな?」といったときに、ダイソーなら買えるのは非常にありがたいですね。

 

4件目:タート・ルアン祭り

f:id:vte2019lao:20210413195217j:plain
f:id:vte2019lao:20210413195213j:plain

 

4件目は「 タート・ルアン祭り 」です。

ラオス最大級のお祭りというと、タート・ルアン祭りになるかと思います。

人出も非常に多く、賑わいます。こうしたお祭りができるのもCovid-19を抑え込めていたからですね。ロックダウンの話が出てくるとつくづくそう思います。

毎年満月の夜に行われる?ということのようですので、夜になると、タート・ルアンのライトアップと満月が写真によく映えます。

2021年のタート・ルアン祭りも盛大にできるように、今は踏ん張りどころです。

 

 

ラオスでの生活や文化面をまとめた「生活」のカテゴリーから、ラオス経済、日々の生活、ラオス文化、という観点でピックアップしてみました。

今後は、もう少し、ラオスの生活に触れる部分の投稿も増やしていきたいなと思っています。

 

ラオス新年を迎えた、ゆく年くる年企画第4弾は「<テーマ:ラオス生活>でした。

 

今回は、以上です。

 

今日の生活:なし(ビエンチャン、ラオス)

場所:Laos , Thailand

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 

privacy policy プライバシーポリシー お問い合わせ