SabaayDii LAO Fromラオス、ビエンチャン

ラオスのビエンチャンからいろいろな情報を発信します!

ラオスでドイツ料理 - ベルリナーガーデン(Berliner Garden) - (ビエンチャン・ラオス)

 

f:id:vte2019lao:20220127230057j:plain

 

ラオスはヨーロッパ人に根強い人気があり、ヨーロッパ各国の料理店があります。旧宗主国のフランス料理はもちろん、イタリアンやドイツ料理などもあります。

今回は、ドイツ料理のお店です。

 

今回ご紹介するのは 

 

ラオスでドイツ料理

- ベルリナーガーデン(Berliner Garden) -

(ビエンチャン・ラオス)

 

です。   

 

場所は、下記になります。

 

場所はビエンチャン随一のランドマーク「パトゥーサイ」の北側にあります。

大通りから入った路地の奥にあるため、少し分かりづらいかもしれません。Google Mapを見ながら路地に分け入ってください。

 

f:id:vte2019lao:20220127230054j:plain

 

路地を入っていくと、突如、周りの雰囲気とは異なる建物がでてきます。カラフルに電飾がついており、周辺のラオス風の建物とは異なり、ここまで来れば、間違うことは無いでしょう。

お店の前にはアルファベットで「German Restaurant」と書かれています。

 

f:id:vte2019lao:20220127230057j:plain
f:id:vte2019lao:20220127230102j:plain

 

建物自体は結構古い感じです。

ラオス風古民家なのか、昔、ヨーロッパ人が住んでいた建物なのでしょうか。どことなく、ヨーロッパっぽい感じもします。

 

f:id:vte2019lao:20220127230051j:plain

 

早速店内に入り、注文しましょう。

ドイツ料理というと「肉」と「ビール」というイメージですが、メニューを見るとまさにそんな感じです。

ソーセージも美味しいようですが、今回はステーキにします。ステーキは、牛肉、豚肉、ラム肉、サーモンがあります。ステーキと言うと、牛肉かなというイメージなので、牛ステーキを注文しました。

 

f:id:vte2019lao:20220127230109j:plain

 

15分ほどで牛肉ステーキが運ばれてきました。

付け合せのポテトは4種類ぐらいから選べるようでしたが、伝えるのをわすれたのでフライドポテトになりました。ハッシュドポテトがよかったので、次回は、忘れずに注文しようと思います。

 

f:id:vte2019lao:20220127230105j:plain

 

ソースはオニオンソースです。

濃厚な味でお肉によく合います。

お肉は柔らかい感じではありませんが、適度な歯ごたえがあります。価格は70,000Kipなので、日本円だと700円ちょっとです。他の店で本格ステーキを食べようとすると200,000Kip(約2,000円)以上するお店もあるので、手頃にお肉が食べられるお店ですね。過度な期待をするとガッカリしてしまうかもしれませんが、安価にヨーロッパスタイルのお肉を食べたいときには良いでしょう。

 

f:id:vte2019lao:20220127230047j:plain

 

お店の雰囲気もレトロ感があります。

古き良きビエンチャン?みたいな感じもあるので、一度、試してみるのも良いかもしれません。

 

今回は、以上です。

 

今日のお店:ベルリナーガーデン(Berliner Garden)

場所:Kaysone Road, Vientiane

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 

ルアンパバーンのコンビニ的存在 - ミニマート - (ルアンパバーン・ラオス)

 

f:id:vte2019lao:20220126221453j:plain

 

今回もルアンパバーン旅行中に訪れたお店のご紹介します。

日本ではコンビニはあちこちにあり、ラオスのビエンチャンでも、最近はそれなりに見つかります。ただ、ルアンパバーンとなるとなかなかありません。

 

今回ご紹介するのは 

 

ルアンパバーンのコンビニ的存在

- ミニマート -

(ルアンパバーン・ラオス)

 

です。   

 

場所は、下記になります。

 

ルアンパバーンで最も観光客が集まる「シーサワンウォン通り」を西側にまっすぐ抜けていくと、通りの名前が「チャオファーグム」通りに変わります。その道沿いにあります。

 

f:id:vte2019lao:20220126221446j:plain

 

お店の外観です。

コンビニっぽくないので、注意していないと通り過ぎるかもしれません。目印は、よくわからない大きな像です。福禄寿っぽい感じですが、なにか違う気もします。

 

f:id:vte2019lao:20220126221449j:plain

 

店内は清潔感があり、ルアンパバーンのイメージにあったウッディーな感じが良い雰囲気です。照明も多く、店内も明るい感じなので、安心してお買い物ができるでしょう。

 

商品は、お土産になりそうなものもあります。

 

f:id:vte2019lao:20220126221432j:plain
f:id:vte2019lao:20220126221435j:plain

 

ホテルで飲む用のお酒も調達できます。

ビール類はビアラオはもちろん、ハイネケンなどもあります。あとは韓国系の焼酎なども豊富にありますね。ウイスキー関係もあるようなので、適当に選べるものがあると思います。

 

f:id:vte2019lao:20220126221438j:plain

 

なぜか、ドリンク類とお酒関係が結構なウエイトを占めています。食べ物はお菓子類以外はあまりないですが、せっかくなのでルアンパバーンのお店を堪能しましょう。

石鹸類などもあるので、持参したものが無くなった場合は調達可能です。

 

f:id:vte2019lao:20220126221442j:plain

 

ということで、ルアンパバーンのコンビニのご紹介でした。

もちろん、雑貨屋さん的なものは市内にもありますが、コンビニ風のお店はあまり多くありません。また、エアコンが効いていますので、暑季にルアンパバーンを訪れた場合は、暑さ対策のために立ち寄るのも良いでしょう。ルアンパバーンは意外とエアコンが効いていないお店が多いですので、熱中症対策としても、危ないと思ったら、こまめに休憩するのがよいでしょう。

 

今回は、以上です。

 

今日のお店:ルアンパバーンのコンビニ的存在 - ミニマート -  (ルアンパバーン・ラオス)

場所:Chaofa Ngum Road, Luang Prabang

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 

ナイトマーケット通りにあるラオス風焼き肉「シンダート」 (ルアンパバーン・ラオス)

 

f:id:vte2019lao:20220125224744j:plain

 

今回もルアンパバーン旅行中に訪れたお店のご紹介します。

乾期のルアンパバーンは、結構、冷え込みます。鍋料理は、体も温まっておすすめです。

今回は、観光客が集まるナイトマーケット通り(シーサワンウォン通り)沿いにある、ラオス風焼き肉「シンダート」のお店です。

 

今回ご紹介するのは 

 

ナイトマーケット通りにあるラオス風焼き肉「シンダート」

(ルアンパバーン・ラオス)

 

です。   

 

場所は、下記になります。

GoogleMapに登録がなかったので、隣のホテルの位置を出しています。

 

ルアンパバーンで最も観光客が集まる「シーサワンウォン通り」沿いにあります。

このあたりは飲食店もたくさんありますが、夕食時には席が埋まってしまう人気店なので、近くまで来ればすぐに分かると思います。

 

f:id:vte2019lao:20220125224733j:plain

 

お店の前には看板が出ています。

ラオス風焼き肉「シンダート」の他に、ラオス鍋「シンチュム」もあります。価格も29,000Kipからと格安です。

 

f:id:vte2019lao:20220125224728j:plain

 

メニューです。

焼き肉と鍋のセットが29,000Kipからです。お肉の種類が変わると39,000Kipになりますが、ほとんどのメニューは29,000Kipで食べられます。

今回は、豚焼き肉セットを注文しました。

 

f:id:vte2019lao:20220125224753j:plain

 

まず、炭火が運ばれてきました。

ラオスでは電気やガスコンロを置くより、炭火の方が手軽なので、炭火は珍しくありません。乾期の夜は寒くなってくるので、ちょうどよいですね。暑期は少し暑いかもしれませんので、ぜひ、乾期がおすすめです。

 

 

f:id:vte2019lao:20220112222702j:plain
f:id:vte2019lao:20220125224737j:plain

 

お肉と野菜が運ばれてきました。

思っていたよりお肉のボリュームがあります。見た感じも美味しそうですね。

野菜も量もあり、新鮮そうです。

 

f:id:vte2019lao:20220125224744j:plain

 

早速、焼いていきましょう。

ラオス風焼き肉では、中央部分はお肉を焼くところで、その周りにはスープを入れて、野菜を炊きます。焼いたお肉と、炊いた野菜を食べるのが、ラオス風焼き肉「シンダート」の食べ方です。

 

f:id:vte2019lao:20220125224712j:plain

 

そして、ラオス風焼き肉の味の決めては、このタレになります。ゴマダレ風のタレをつけていただきます。にんにくもたっぷり提供されるので、お好みで入れましょう。

観光地で1人前29,000Kip(約300円)はかなりお安い価格設定です。味も申し分無いので、ルアンパバーンの1食には、このお店がおすすめです。

 

f:id:vte2019lao:20220112222655j:plain

 

最後にお店の雰囲気です。

路上までテーブルが並べられていますが、夕食時には満席になります。ちょうど観光客の多い年末年始でしたが、かなり盛況でした。

お店の向かい側には「ルアンパバーンナイトマーケット」もあります。

 

今回は、以上です。

 

今日のお店:ラオス風焼き肉「シンダート」 (ルアンパバーン・ラオス)

場所:Sisavangvong Road, Luang Prabang

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 

焼き立てパンが美味しいヨーロピアンカフェ - チューリッヒブレッド(Zurich Bread Factory & Cafe) - (ルアンパバーン・ラオス)

 

f:id:vte2019lao:20220124210306j:plain

 

今回はルアンパバーン旅行中に訪れたカフェをご紹介します。

ルアンパバーンは、ラオス最初の世界遺産に認定された町でもあり、メコン河、周辺の山々、お寺などがマッチし、とても落ち着いた雰囲気です。西洋人にも大人気の町でヨーロッパスタイルのカフェも多数存在します。

 

今回ご紹介するのは 

 

焼き立てパンが美味しいヨーロピアンカフェ

- チューリッヒブレッド(Zurich Bread Factory & Cafe) -

(ルアンパバーン・ラオス)

 

です。   

 

場所は、下記になります。

 

ルアンパバーン市街の中心部、サッカリン通りぞいにあり、常に多くの旅行者で賑わっています。現在は、Covid-19の影響で在住外国人とラオスの人々のみですが、それでも、結構な人数です。

 

f:id:vte2019lao:20220124210236j:plain
f:id:vte2019lao:20220124210240j:plain

 

お店の外観です。

街の雰囲気にもマッチした、それほど派手ではない外観です。どの時間帯でも数人はお客さんがおり、特に西洋人が多いため、通りを歩いていると目立つ存在になっています。

 

f:id:vte2019lao:20220124210310j:plain
f:id:vte2019lao:20220124210306j:plain


店内もゆったりできるソファー席や、普通のテーブル席など、用途に合わせて選べます。

乾季の時期なら外のオープンエアの席も良さそうです。暑季のルアンパバーンはかなり暑くなりますので、そのときはエアコンの効いた室内の席にしましょう。

 

f:id:vte2019lao:20220124210255j:plain
f:id:vte2019lao:20220124210314j:plain
f:id:vte2019lao:20220124210302j:plain
f:id:vte2019lao:20220124210259j:plain

 

メニューです。

ドリンクメニューの他に、食事メニューもあります。ベーカリーなので、パンもあります。パスタや西洋料理もあるので、お好みに合わせて利用できそうです。

 

f:id:vte2019lao:20220124210247j:plain

 

パンもこんな感じで並べられています。

ここだけ見ると日本のパン屋さんと変わらない感じです。実際、ルアンパバーンのパン屋さんはどこもレベルが高く、パン好きも満足させられると思います。ルアンパバーン滞在中は1食はパンにしてみるのも良さそうです。

 

f:id:vte2019lao:20220124210252j:plain

 

ホットラテを注文しました。

乾期のルアンパバーンは昼間でもそれほど気温が上がりませんので、ホットのドリンクが欲しくなります。30度弱までは上がるので、それほど寒いというわけではないですが・・・。

f:id:vte2019lao:20220124210244j:plain

 

お店は2階の席もあります。

こちらの方が人の出入りも少なく落ち着くかもしれません。

 

ルアンパバーン滞在中は、街歩きの途中で休憩する機会も多いと思うので、ぜひ立ち寄ってみてください。

 

今回は、以上です。

 

今日のお店:チューリッヒブレッド(Zurich Bread Factory & Cafe)

場所:Sakkaline Road, Luang Prabang

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 

ラオスの動物園 - エス・ミニ動物園(S Mini Zoo)-(ビエンチャン・ラオス)

 

f:id:vte2019lao:20220123223948j:plain

 

ラオスには、あまり娯楽施設は多くありません。特に子どもが楽しめるようなところは、あまりない気がしますが、今回は、小さいお子さんがいる家庭にはちょうどよい施設かもしれません。

 

今回、ご紹介するのは、

 

ラオスの動物園

- エス・ミニ動物園(S Mini Zoo)-

ビエンチャン・ラオス)

 

です。

 

場所は下記になります。

 

 

ビエンチャン市街中心部から北西方向、ワッタイ国際空港の北側にあります。漢字の看板も多く見かけますので、どちらかというと中国人街といった感じのエリアにあります。

 

f:id:vte2019lao:20220123223944j:plain
f:id:vte2019lao:20220123224002j:plain

 

ラオスでは、至るところで、犬や猫はもちろん、鶏や牛などを見かけるので、敢えて動物園がなくてもよいのかもしれませんが、今回は、ラオス人家族連れに大人気になっている動物園です。

訪問する前までは、小汚い感じを想像していましたが、入り口からかなりしっかりしたゲートもあり、期待が高まります。

ちなみに、入場料は15,000Kipです。ゲートを入ってすぐのところに、右の写真の料金所がありますが、知らないと通り過ぎそうな感じです(実際、通り過ぎました)。

 

f:id:vte2019lao:20220123223954j:plain

 

チケットもしっかりしたものが発行されます。入退場はそれほど厳しくチェックしていないので、その日の内なら、再入場なども問題なさそうです。

 

 

f:id:vte2019lao:20220123224006j:plain

 

入口付近には、豚がいました。

「Jananese dwarf pork」と書かれています。どんな種類なのかわかりませんが、かなりたくさんいます。

 

f:id:vte2019lao:20220123224010j:plain
f:id:vte2019lao:20220123224017j:plain

 

続いて、カンガルーのような感じの動物(二本足で飛び跳ねていたので多分カンガルーでしょう)とロバです。ロバはラオス語では「ラー」というんですね。ラオス語の勉強にもなりそうです。

 

f:id:vte2019lao:20220123224025j:plain
f:id:vte2019lao:20220123224029j:plain

 

馬もいます。

思っていたよりかなり種類が多いです。餌とかはやれないようなので、動物とのふれあいはないですが、フェンスの近くまで行けば、寄ってきてくれたりします。

 

f:id:vte2019lao:20220123224041j:plain
f:id:vte2019lao:20220123224037j:plain

 

結構、たくさんの種類がいたなぁ、と思っていると、池がありました。

ここには白鳥がいます。

さらい奥もあるようです。

 

f:id:vte2019lao:20220123224044j:plain
f:id:vte2019lao:20220123224057j:plain

 

池の奥は小さめの動物エリアのようです。

うさぎやインコなどがいました。

この辺は、なんとなく癒やされますね。

 

f:id:vte2019lao:20220123224106j:plain
f:id:vte2019lao:20220123224048j:plain

 

キツネもいます。

少し獣臭がしますが、この動物園の中では一番元気に動き回っていました。中にこういう感じで動き回ってくれる動物がいてくれるといいですね。

右側の写真は、豚です。

 

f:id:vte2019lao:20220123224112j:plain
f:id:vte2019lao:20220123224116j:plain

 

一番、奥まできました。

ここには鹿がいます。大人のオス鹿はかなり貫禄がありますが、子鹿は可愛らしいです。ラオスの人にも鹿は人気のようです。

 

f:id:vte2019lao:20220123224137j:plain
f:id:vte2019lao:20220123224147j:plain

 

敷地はそれほど大きくありませんが、思っていたより動物の種類は多く、ゆっくり眺めていると1時間以上かかりそうな感じです。

乾期でも日中は暑いので、適当に休憩しましょう。

真ん中あたりにある休憩施設で売っているアイスクリームはかなり美味しいです。ひとつ5,000Kipとお安いので、休憩がてら食べてみるのも良さそうです。

 

f:id:vte2019lao:20220123223959j:plain
f:id:vte2019lao:20220123224142j:plain

 

園内の様子ですが、動物の匂いは多少ありますが、清潔に保たれています。

なぜか鶏だけ放し飼いなので、鶏のいるエリアだけは多少糞尿がありますが、それ以外は、動物は柵の中なので問題ありません。

 

f:id:vte2019lao:20220123224013j:plain

 

ということで、ラオスの動物園のご紹介でした。

今回、写真をつけた動物はごく一部で、かなり種類は多いです。日本の有名動物園に比べると小さいですが、半日ぐらいは楽しめそうです。子ども向けの娯楽が少ないラオスですので、行ってみるのもいかがでしょうか?

 

なお、入り口はガソリンスタンドの奥にあるという、妙な構造になっています。車もガソリンスタンドの敷地内に駐車できるようなので、PTTのガソリンスタンドに入っていってください。

 

 

今回は、以上です。

 

今日のお店: エス・ミニ動物園(S Mini Zoo)

場所:Sithong Road, Vientiane

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 

<ホテルレビュー>ウイズダム・ミステリーホテル(wisdom mystery hotel)(ルアンパバーン県ルアンパバーン、ラオス)

 

f:id:vte2019lao:20220122224246j:plain


今回は、ラオス北部の世界遺産の街、「ルアンパバーン」で宿泊したホテルをご紹介します。このブログで紹介しているホテルは私が宿泊したことがあるホテルのみを紹介しています。

 

今回ご紹介するのは、

 

<ホテルレビュー>

ウイズダム・ミステリーホテル(wisdom mystery hotel)

(ルアンパバーン県ルアンパバーン、ラオス)

 

です。

 

※2021年12月末に宿泊した際の情報です。コロナの影響でサービス内容がコロナ以前とは異なっている可能性もあります。また、コロナが終息しサービス内容がコロナ以前の内容に戻ることも想定できますので、ご利用の際にはご確認ください。 

 

場所は下記になります。

 

ラオス最初の世界遺産、ルアンパバーンは、ラオス北部にあります。今回のホテルは、そのルアンパバーン観光の中心地に位置しています。

 

Covid-19による外国人観光客の入国制限前までは、ラオスで最も外国人観光客が多い街で、連日、多くの外国人観光客で賑わっていました。そのため、クオリティーの高いホテルも多くあります。しかし、宿泊客数の減少により閉鎖したホテルも多く、営業中のホテルも価格を下げている状況です。

 

今回ご紹介する「ウイズダム・ミステリーホテル(wisdom mystery hotel)」ですが、本当は姉妹館の「ウイズダムラオホテル(wisdom Lao hotel)」に宿泊予定でAgodaで予約していました。しかし、なぜか改装中とのことで、仕方なく、紹介された今回のホテルに滞在となりました。

 

ホテルの位置は、上のGoogleMapの通り、ルアンパバーン市街中心部に位置しています。

飛行機でルアンパバーン空港に到着した場合、空港タクシーでホテル名を伝えれば送ってくれます。

 

 

f:id:vte2019lao:20220122224251j:plain
f:id:vte2019lao:20220122224255j:plain

 

ホテルの外観です。

ホテルと言うよりもゲストハウス的な外観ですが、ルアンパバーンでは多分、高層の建物は建てられないので、全体的に2階から3階程度のホテルが多くなっています。

 

 

 

f:id:vte2019lao:20220122224235j:plain
f:id:vte2019lao:20220122224223j:plain

 

部屋の様子です。

ダブルベットの部屋もあるようですが、今回はツインベットルームになりました。机、テレビ、冷蔵庫などがあります。部屋の広さは、一人であれば十分な大きさです。

 

f:id:vte2019lao:20220122224242j:plain

 

シャワールームとトイレは、このような感じになっています。

一見、デザイナーズホテルみたいにもなっています。一人で泊まるのであれば、特に問題ないですが、そうでない場合は、ちょっと使いにくいかもしれません。

 

f:id:vte2019lao:20220122224239j:plain
f:id:vte2019lao:20220122224216j:plain

 

シャワールームとトイレです。

シャワーの水圧は強く、お湯の温度も申し分ありません。ルアンパバーンは北部に位置し、乾期の朝夕は気温が下がります。お湯の温度は非常に重要ですが、全く問題ないと言ってよいでしょう。

トイレも清潔に保たれています。

 

f:id:vte2019lao:20220122224204j:plain


流し台はこのような感じです。水回りが独立した部屋になっていないので、気になる人は、気になるかもしれません。

中級クラスのホテルですが、ドライヤーがついていますので、これは良い点でしょう。

 

f:id:vte2019lao:20220122224212j:plain
f:id:vte2019lao:20220122224208j:plain

 

アメニティー類もあります。水は1部屋に2本置かれています。ティーカップもありますが、紅茶やコーヒーがあるわけではないので、あまり使う機会はないかもしれません。

 

今回の「ウイズダム・ミステリーホテル(wisdom mystery hotel)」は、結果的には、飛び込みで宿泊のような感じになってしまいました。当初予定の「ウイズダムラオホテル(wisdom Lao hotel)」はAgodaで予約することもできます。2月には再オープンするとのことです。

「ウイズダム・ミステリーホテル(wisdom mystery hotel)」は、以下から予約可能です。

www.agoda.com

 

今回は、以上です。

 

今日のホテル:wisdom mystery hotel(ルアンパバーン県ルアンパバーン、ラオス)

場所:Phayameungchan Road, Luang Prabang

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 

年越しルアンパバーン旅行記⑨(ルアンパバーン滞在4日目(最終日)、ビエンチャンへの帰路)

 

f:id:vte2019lao:20220121234335j:plain

 

過去8回に渡って書きてきました年越しルアンパバーン旅行記ですが、今回で最終回になります。

ラオス北部にあるラオス最大の観光地「ルアンパバーン」に来ています。ルアンパバーンは過去に何度か来ており、勝手知ったるところでのんびりしようというのが、今回のテーマです。2021年12月に開通した老中鉄道に乗れたら、というのもありましたが、チケット予約ができないようなので、今回はそれは諦めました。

 

今回の旅行記は、あまり入念な計画もなく、そもそも行くと決定したのは出発日の前日でした。「とりあえず首都ビエンチャンの外に出てみよう」ということで、年末年始休暇を利用してルアンパバーンに滞在しています。

 

年越しルアンパバーン旅行記⑨

(ルアンパバーン滞在4日目(最終日)、ビエンチャンへの帰路)

 

何回かに分かれての旅行記になりますが、今回の⑨はルアンパバーン滞在4日目(最終日)、ビエンチャンへの帰路の様子になります。

 

前回の⑧は下記からお読みいただけます。

 

vte2019lao.hatenadiary.com

 

 

2021年4月に発生したラオスでの第2波?以来、首都から出ていませんでしたので、久々の旅行記になります。

なお、以前の旅行記は右側の「旅行記」のカテゴリーからもお読みいただけます。スマホの方は「旅行記」のところにリンクをつけていますので、そちらから飛んでいただくのが楽かもしれません。

 

今回の旅の目的地「ルアンパバーン」ですが、場所は下記になります。

 

 

赤い線で囲まれたエリアが「ルアンパバーン」の中心地です。

ラオス最大の観光地なので、ラオスに興味のある方なら、ご承知のことでしょう。

 

f:id:vte2019lao:20220121234438j:plain

 

ルアンパバーン滞在最終日の午後になりました。今日はビエンチャンへ飛行機で戻ります。フライトは14時前なのですが、一応、宿のチェックアウト時間が12時であること、ルアンパバーン空港の雰囲気も味わいたいということで、フライト2時間前に宿を出発することにしました。

宿から空港までは、宿の送迎サービスを利用しました。

ルアンパバーン空港は、比較的、市街地に近いので20分程度で空港に到着します。

 

f:id:vte2019lao:20220121234425j:plain
f:id:vte2019lao:20220121234434j:plain

 

ルアンパバーン空港も昔はかなりみすぼらしい感じでしたが、今は割ときれいな建物になりました。ラオス随一の観光地の空港ですし、国際線も(コロナがなければ)乗り入れていますので、それなりにきれいである必要がありますね。

 

f:id:vte2019lao:20220121234431j:plain
f:id:vte2019lao:20220121234428j:plain

 

空港ターミナルビルに入り、とりあえずチェックインします。

現在、12時過ぎですが、今日のフライトは搭乗予定のビエンチャン行き一便のみです。鉄道の開通で、少しは鉄道にお客さんが流れているかもしれませんが、旅客の減少は顕著ですね。

 

f:id:vte2019lao:20220121234421j:plain

 

チェックイン後、まだ時間があるので、空港周辺をぶらぶらします。とはいえ、あまりなにもないですね。お昼ごはんを食べていなかったので、美味しそうなレストランでもあれば、そこで食べようかなと思いましたが、特にそれらしい感じのものはありませんでした。

空港ターミナルビルにも食事できそうなところがありませんでしたので、コロナの影響がある内は、食事は済ませてから空港に来た方がよさそうです。

 

f:id:vte2019lao:20220121234411j:plain
f:id:vte2019lao:20220121234418j:plain

 

空港ターミナルビルには特に何もなかったので、搭乗待合室まで進むことにしました。

こちらの方は、あと一便しかないわりにはお店や免税店が営業していました。お土産屋さんもたくさんのお店があります。

 

f:id:vte2019lao:20220121234414j:plain
f:id:vte2019lao:20220121234404j:plain

 

カフェも営業しています。

ただ、ドリンクメニューのみで食事メニューは無いようです。どうしても食事したい場合は、カップラーメンなどのインスタントを購入して、店内で食べることはできるようです。

 

f:id:vte2019lao:20220121234353j:plain
f:id:vte2019lao:20220121234349j:plain

 

そうこうしている内に搭乗時間になりました。行きはラオスカイウェイでしたが、帰りはラオス国営航空です。チケット代もかなり違いましたが、機材もラオス国営航空では最高級のエアバス320です。

プロペラ機であっても、ジェット機であっても、ラオスでは飛行機まで歩いていくことの方が多いです。

 

f:id:vte2019lao:20220121234346j:plain
f:id:vte2019lao:20220121234338j:plain

 

座席は、非常口の横でした。

非常口の横の席なので、前の座席との間隔は少し広くなっています。でも、荷物はすべて上の棚の中に入れる必要があるので、一長一短ですね。

 

ルアンパバーン空港の駐機場?は滑走路の中央辺りにあるので、飛行機が動き出すと、滑走路の端まで移動します。かなり長い時間地上を走りますが、小さな空港なのに、なんか、非効率に感じてしまいますね。

 

f:id:vte2019lao:20220121234335j:plain
f:id:vte2019lao:20220121234332j:plain

 

フライト時間、約40分程度でビエンチャンのワッタイ国際空港に到着しました。ラオスの地方都市からワッタイ空港に到着すると、すごく都会に来た感じになります。建物もピカピカです。

 

f:id:vte2019lao:20220121234329j:plain
f:id:vte2019lao:20220121234445j:plain

 

無事にビエンチャンに到着しました。今回の年越しルアンパバーン旅行も終了です。

一応、家に帰るまでが・・・と言いますので、自宅までは空港タクシーで移動することにします。市内中心部なら7$、少し郊外なら8$ぐらいです。

 

ということで、9回に渡っての年越しルアンパバーン旅行記も終了です。

旅行が終わっても、まだ、ラオスにいるというのは、不思議な感覚にもなります。ある意味、まだ旅行は終わってないような感覚にもなれるのは、ラオスに住む特典かもしれません。

 

今回の旅行は直前(前日)に出発を決めて、期間中も大した予定もなく、ダラダラ過ごしました。もったいないのかもしれませんが、贅沢に時間を使えた気もしています。

2021年の5月からしばらくは、県外への移動は禁止されるなどでしたが、それに比べると、かなり自由に行動できるようになったと感じます。もうしばらくは制限はあると思いますが、可能な範囲で旅行できたらなと思います。

 

今回は、以上です。

 

今日の旅行記:年越しルアンパバーン旅行記⑨(ルアンパバーン滞在4日目(最終日)、ビエンチャンへの帰路)

場所:Luang Prabang

  

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村


ラオスランキング

 

 

privacy policy プライバシーポリシー お問い合わせ